ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜の授業について。

午前中はゼミの「市場競争戦略演習」、午後は2コマ続きの「マーケティングと競争戦略」に出席。

担当は両方とも内田教授で、期待通りのすばらしい授業。1週間で土曜が一番楽しみになりそう。

ゼミではセオドア・レビットの「マーケティング近視眼」というHarvard Business Reviewに掲載された有名な論文(初めて読みましたがw)を読んで要約と賛成・異論などをまとめてくるという課題が出されていて、その発表と意見を出し合うという形で進行。

論文の主旨である顧客志向の徹底とMarketingの重要性が、実際のビジネスではどうか、例えば他にも違った戦略が必要とか、様々な視点から意見を出し合った。

やはりゼミは少人数なので、全員で意見が出し合えて内容も深くなっていい。

次回は講義の内容を踏まえて自分の会社の事業or業界に当てはめたときに、起こりうるリスクと事業機会について発表し合います。楽しみ。


宿題の発表はジャンケンに1発で負けたのでできなかったけど、発言はたくさんできたし、内容もエキサイティングだったので、満足度は80%。

午後の「マーケティングと競争戦略」では、某通販会社のケースをやった。
誰もが知っている会社だけど、分析してみるとマーケティング戦略が成功要因になっていることがよく理解できた。

マーケティングの3Cは知識として知っていたけど、実際に企業(自社以外の)に当てはめて使うやり方がわかって、フレームワークの便利さを知った。

また、内田先生の講義では、発言に対するアドバイスや小話に金科玉条がちりばめられているので、気をつけなければいけない(^^)。
例えば、実際に3Cを使う時、まず外部要因にあたるCustomer、Competitorの2者から分析を始めたほうがいい、なぜなら内部要因のCompanyは、思い込みや勘違いなど客観視できていないことが往々にして多いから、できれば後回しにした方がよい。
等のコンサルティング経験に裏打ちされた重要なお話がたくさん聞ける。

この授業では寝不足が祟って集中力不足だった・・・ケースを読み始めると目がだんだん・・・
ということもあり発言ができず貢献度が低かった、、、、でも内容に関してはケースで取り上げた企業のムービーを使ったりと、かなり工夫されていて非常によかった。というわけで満足度は70%。


教訓:講義がある日に早起きして宿題はやらないこと! (ギリギリまでためないで早めにやっとけ、という話)
スポンサーサイト
04.13 (Sun) 23:29 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/91-9765c8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。