ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書 18)世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書 18)
(2008/01/13)
マダム・ホー

商品詳細を見る

★★★

もうこの手の本は読み飽きてたけど、また読んじゃいました。

本書が言ってることは、日本人はファイナンシャルリテラシーが低すぎる。お金に対する知識をもっとつけて、自己責任でレバレッジかけてがんばれや! というロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん、貧乏父さん」に始まり最近の勝間和代女史の「お金は銀行にあずけるな」につながる一連の「お金に働かせろ」系の内容とほぼ同じ。

ただ、本書の違いは日本人と、アメリカ人、中国人(華僑)との比較でエピソードを挙げているため、比較文化論的なお話が大好きな私は楽しく読めた。


本書ではお金持ちになるためのテクニックの紹介は不動産くらいしか書かれてないけど、心の持ち様に関しては基本的だがいいことを言っている。

いくつか列挙してみると、

・たいまつは自分で持て(意味は読んで確認してください)
・お金がからむと人は変わる
・借りをつくるより貸しをつくれ
・成功する投資家の条件<節約する、健康でいる、ルールを覚え感覚をつかむ>
・良い借金なら大いに結構
・「日銭」を確保して、生活費を投資にまわさない
・自分が働くのではなく、お金に働かせる
・「投資」と「投機」の違いを知り、「投資」と「仕事」の違いを知る
・豊かさを導くものは、「信用(心)」、「知識」、「行動力」
などなど

一時間もあれば気軽に読めるので、これからお金を増やしたい(貯めたいではなく)人は読んでみては。

スポンサーサイト
  
コメント

昔日光ビーンズの外国人社長が書いた「オカネに目覚めよ!日本人!」って本と酷似してるなあ・・・と思った。
---------- shiko [ 編集] URL . 03/26, 12:19 -----

類似書がいっぱいあるなあ・・・

Shikoも台湾での起業ノウハウと、日本と台湾のIT文化の違いを鋭く比較して書くとかやってみて。 (売れ筋ではないか?w)
---------- S.Hayato [ 編集] URL . 03/26, 17:37 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/79-c120ee36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。