ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る

★★★

感想は、、、、幕の内弁当のような本だなあと。 私にとっては★3つが限界。

その心は、


本書で使われる「地頭力」とは、生まれもっての頭の良さではなく、

■「結論から考える」仮説思考力

■「全体から考える」フレームワーク思考力

■「単純に考える」抽象化思考力」

という3つの思考方法で物事を考えられるかどうか、としている。

更に地頭力のベースとして、以下の3つが必要。

■論理思考力、直観力、知的好奇心 (後者の2つはアート系スキル)


・・・・・どうですか? 「幕の内弁当」と形容した理由を当プログの読者なら気づかれたと思うけど、このような「地頭力」の要素は、過去に紹介してきた本に全部書かれていたことである。

仮説思考戦略「脳」を鍛える、この2冊を読めば本書の「地頭力」の要素と鍛え方をほぼ100%網羅できる、というより何倍も詳しく書かれている。更に補強するとすれば、アート系スキルについては経営者になる 経営者を育てるに詳しい。直観力やシンプルに考える、という部分は決断力の方が説得力があり深く理解できる。


大事な要素がギューっとコンパクトにまとまっている点は素晴らしいと思う。 これから脳味噌の筋トレを開始したい人は本書から手を付けてみるのがいいかもしれない。そしてこの分野に興味が出てきたら、上記の名著を読んで一つ一つの要素について理解を深めていけばいいと思う。

だけど上記の名著をすでに読んだ or 持っている方は本書を買わずに再読したほうがいいでしょう。



フェルミ推定(限定された情報の中で何らかの推定ロジックによって短時間で概数を求める方法)については、外資系コンサル(など)への転職の際に必要な思考法ということで脚光を浴びている。
というわけで、単に「地頭力を鍛える」だけではここまで売れていないと思う。
キャッチーなキーワードでつね ( Good Job! ^^ )



最後に、

「日本全国に信号機は何機あるか?」
「日本で1日に消費されるトイレットペーパーの長さは?」
「琵琶湖は水滴が何粒でいっぱいになるか?」

このような質問に対して、概数を1分以内に出せますか?
そしてその概数を出すに至った推定ロジックをわかりやすく説明できますか?

できなければ本書から読む価値あり☆

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/67-493aed1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。