ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
(2007/10/25)
勝間和代

商品詳細を見る

★★★★★

星5つ。良書です。

会計学の一環として読んだつもりなので、カテゴリーの選択に迷ったけどやっぱりタイトル通りの投資家(を目指す人)向けにrecommendしたい。

本書は大人気の勝間女史の著書だけど、本職だけあってこっちの方が読み応え抜群。

先日紹介した 超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所を読んだ後だったので更に財務3表の理解が深まっていい感じに。


更によかったのは、簿記3級レベルでは出てこないが非常に重要なキャッシュフロー計算書(C/S)について、裏読みできるくらい詳細に解説されていること。また、同じく簿記の初級レベルでは範囲外の実効税率や連結についてもチェックすべきポイントが分かっていい。

勝間女史の本がなぜ売れているか、それは図抜けた文章力(表現力というか説得力と言い換えてもいい)にあると思っている。 本書もに非常に論理立っており、読者を理解させるための構成が素晴らしい。

最後(第6章)の投資家として判断できるようになる、という目的に達するため、
1. 決算書の概要や企業側の目的を知り、会計操作(違法・合法両方)のパターンを知る
2. 分析のプロの視点を養う(アナリストとしての視点、会計士としての視点)
3. 投資判断方法を知る

という流れで、なにを知る必要があってどういう順番で考えればよいかが明確だ。


だけど、、、筆者のやり方で一社一社分析してたらとんでもない時間がかかってしまう。
筆者は一社あたり20、30分でこなしてしまうそうだが、私の場合一社あたり短信の入手から始めてB/S、P/L、C/S、脚注、特記事項などの分析、その企業の業界特性(売上伸び率、限界利益、平均利益等々)や同業他社との比較など、まともに全部やったら二時間くらいかかる。

とてもじゃないが現物株を投資のメインにできそうにない。
なにか自分でピン!とくる企業を見つけた際に、本当に投資価値があるか調べる時には役に立つが、毎日やれるもんじゃないな。

少なくとも、、、決算書が暗号に見えるうちは株なんかに手をだすべきではない、ということはよーくわかった。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/59-abd626f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。