ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観光に気合入れすぎで少々疲れ気味です^^

昨日と今日で千キロ以上レンタカーで移動しました(3人で交代しながらですが)。

一昨日はディズニーへ行って、昨日はケネディ宇宙センター、いわゆるNASAへ行ってきました。

その様子をお伝えしまっす。


ケネディ宇宙センターのエントランス
NASA_Ent.jpg


ここがVisitor Complexの入り口で、IMAXシアターで月面歩行の様子を見れたり、本物の退役した宇宙飛行士が公演をする会場があったり、本物のスペースシャトルや補助ロケット、宇宙服や機材、本物の火星の石などさまざまな宇宙にまつわるものがある博物館があります。

ここでぜひ行っておくべきは、スペースシャトルの発射時スタップとして疑似体験できる施設です。映像と音、そしてGを体感できます。かなりリアルでスリルもある。そして結構感動します。
中は撮れなかったので看板だけ
スペースシャトル発射体験


そしてスリルというかキツイという意味では、別館の宇宙飛行士の耐G訓練を体験できる施設です。
グルグル高速で周るカプセルみたいなものに入ってGを思いっきりかけられるのですが(最大4G)、グルグル回るから当然強い横Gがかかるだけかな、と思ったら大違い(実際には違いませんが)。
カプセルの中で映像を見せられますが、その映像通りのシチュエーションでGがかかっているような感じになり、発射時の急激な上昇Gや急旋回、急下降などエキサイティング極まりないです。

私はかなり楽しめたけど、3分ぐらいGを食らい続けるため、気分が悪くなること請け合いなので乗り物酔いしやすい人は大変なことになります。実際同僚の一人はあとで吐いてました(^^;) 
G-fource Training

高速回転中はコンデジでは撮影不可能(笑)


あとオプションでNASAの施設見学バスツアーにも参加した。
複数のシャトル発射台や訓練施設、研究所を見学できてオススメ。でもガイドさんが機関銃のように英語でしゃべりまくるので、英語がわかる人の方が楽しめます。単語がわからないことが多く、私は50%以下の理解度・・・でも十分楽しめました。

シャトル発射準備中
Launch Pad


上記の発射台はMobile Launch Padと言ってたので移動発射台ということで、その移動台は重すぎて(何キロか言ってたけど忘れた)アスファルトを走れないため、写真のような砂利の専用道路を走ります。走りますと言ってもアセンブリーセンターから発射台まで数キロくらいしかないのに24時間かかるとか言ってました(たぶん)。
Road for Launch Pad


そしてThe Space Shuttle Endeavour(スペースシャトルのアセンブリー工場)
中でシャトルが組み立ててるそうですが、入れてもらえず。見たかった(T_T)
Shuttle Endeavour


あとはスペースシャトルや、
Space Shuttle


ロケットたち、
Rockets.jpg

などなど、興味深い見ものがたくさんあります。


一番心を打たれたのは、テクノロジーの進化より宇宙飛行士の功績とその勇気。
宇宙の開拓が進んではいますが、多くの犠牲の上にその進化があることを知らなければなりません。
ワシントンD.Cにあるスミソニアン博物館の航空宇宙博物館でも感動したけど、ここではより詳しく個々の宇宙飛行士の逸話やスタッフの努力などを知ることができます。

とにかく以下の写真を見てほしい
Message.jpg


“If we die, we want people to accept,
 We are a in risky business...
The conquest of Space is worth the risk of life.”
- Gus Grisoon, 1967


シビれました。宇宙飛行士、尊敬します。また、うらやましくもある。 こんな命をかける価値のある仕事、というと大げさかもしれないけど、誇りを持てる仕事をライフワークにしたい。と、強く思った。




おまけ① エントランスにがんばってる飛行士を発見☆
Omake.jpg


おまけ② フロリダにはアリゲーターがそこらじゅうにいた、、クロコダイルダンディを思い出した
Wani.jpg


思いっきりユルイ締めになりましたが、長くなってきたので以上にします。

次回はキーウエストを中心にマイアミドライブ通信です。
スポンサーサイト
  
コメント
おひさ
おれはJOJOの女主人公のやつ(第何部?)を思い出した。>ワニ
---------- anton [ 編集] URL . 02/03, 12:50 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/50-3fc9e2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。