ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外と安心ラクして儲けるワンルームマンション投資法 (QP Books)意外と安心ラクして儲けるワンルームマンション投資法 (QP Books)
(2005/02)
野中 清志

商品詳細を見る

★★★★


1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法
(2005/10/28)
金森 重樹

商品詳細を見る

★★★

もう少しでクリスマスですね。いかがお過ごしでしょうか?

そんなの関係ねえ!って感じで、本ブログでは生々しいトピックを採りあげます。

今回取り上げた2冊は、どちらも不動産投資に関する本ですが、内容はお互い真逆の関係にあります。

区分所得と一棟買い、自身の与信と収益還元法、正反対の投資についてメリデメが詳しく書かれています。一方にとってのメリットが他方にとってのデメリットに当たる場合があるため、1冊(一方)の意見を鵜呑みにしなくて済む。

私はこのようなものの見方が好きで、株をやる際にも、デイトレ最高!というポジションの本と、長期スタンスでバリュー投資最強!という両極端な立場の本を同じ分量読んで研究するようにしています。

ちなみに不動産に関しては、すでに少々手を出してはいますが、未だにどんな投資法がベストで、いつが買い時か売り時か、などの最終的な判断はまだついていない。

もちろんタイミングが判断の大きな要素になるため、今の最適と思われる解が来月の最適解かどうかは分からない。だがこういった知識を持っていると、世の中を見る「目」が変わるため、タイミングを察知しやすくはなると思う。

よく会社に飛び込みの電話セールスがかかってくる不動産投資は、上段のワンルームマンション投資が大半です。営業と会って話するのはめんどくさいけど、少し興味がある、と言う人は読んでみるといいです。(かなり入門編です。)

下段はもう少し高度でリスクが高い投資方法ですが、知識の習得という意味では上段の区分所得に特化したものより内容が充実している。税法や投資判断の基準(路線単価の調べ方からDCF法などかなり広く網羅)など学べることは多い。

以前は棟買いに惹かれて検討したこともあるけど、これは実質利回りが良い物件を見つけるための信頼できる情報ネットワーク作りが一番大変、という根本的な問題に直面したため、断念しました。

まあどれも甘くないのでしっかり勉強してからやりましょう。(自戒を込めて)
(やってみて身体(感覚)で覚えないと、頭では分かった気になるだけなんだけどね・・・)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/30-59dbb3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


株 儲ける
225システムトレードなら長期的に市場から利益をだせるぜ!... 自動投稿できる裏技 初心者にもできる1ページで毎月3万円稼ぐアドセンスのある仕掛けhttp://tienomi.biz/idaf/data/1245.html『いまさら人に聞けない株式投資5つのポイント~元証券マンが明かす、儲ける資産家..
     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。