ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内田先生の著書『論点思考』がAmazonで予約開始になっています。発売は明日1月29日。

論点思考論点思考
(2010/01/29)
内田 和成

商品詳細を見る


2007年11月21日のエントリで紹介した『仮説思考』の続編です。その書評を書いた頃はまだ早稲田MBA入学前。そこから筆者である内田先生のゼミに入り、続編である本書『論点思考』の草稿を読ませて頂いて、校正のお手伝いや意見をさせて頂くなんてことになるとは当時は想像もしていなかった。。。

ちょうど昨日、内田先生と田原総一郎さん主催の大隈塾(リーダーシップ論)が最後の授業だったり(これは後ほど別エントリで)、本エントリを書きながら節目を迎えているなと、感慨深い気持ちに浸っています。


さて、本書の紹介ですが、まずは中身の紹介を内田先生のブログから。

==以下抜粋===================================
中身ですが、前作「仮説思考」ではビジネスパーソンにとって非常に重要な問題解決をいかに効率的かつ効果的に解くかと言い視点で書いています。
それに対して、今回の「論点思考」では、ポジションが上がって意思決定者に近づけば近づくほど、大切なのは問題を解決することではなく、正しい問題を解くことだというのが出発点になっています。

BCGではこれをIssue(イシュー)と呼んで、毎日のように、このプロジェクトのIssueは何か、あるいはこの課題に答えるには解くべき論点は何かといった会話が飛び交っています。
そうしたIssue oriented なアプローチを一般ビジネスマンが使うにはどうしたらよいかと考えたのがこの本なのです。

==抜粋終わり==================================

論点思考とは、一言でいえば「物事の本質はなにか」ということを常に考える、ということなんだと個人的には思っている。先生の紹介と重複するけど、ポジションが上がれば上がるほど、この部分が間違っていたりブレたりすると、組織が間違った方向へ向かって進んでしまって致命的な問題に発展する。

普段の業務でも、案件を取ってきて、さてどのプロジェクトマネージャー(PM)に任せるか?という時に、判断基準としてクライアントの心が読める(クライアントの論点を捉えている)PMか?そうでないPMか?という点は技術スキル以上に重視していた。

これは問題が起きた際になにを優先するか、スケジュールを守ることか?追加投資を発生させないことか?契約でうたった機能を100%守ることか?手間を増やさせないことか?等々、その担当者、その業務、そのタイミング、などによって論点は変わってくるが、それを機敏に捉えて適切に対応できる人は安心できるが、契約書に書かれたうわべの言葉しか頭にないPMでは安心できない、ということだ。


また、本書はある意味でリーダーになるための自己啓発本とも感じた。

リーダーシップに関する本は星の数ほどあるが、その中で「ビジョンを持っていること」や「ゴール(目的)を設定すること」などのような、組織の目的を決めるという要素の重要性は必ず記述されているが、ではどうやってそのビジョンを設定するか、その設定能力をどのように高めるか、ということについて詳しく書かれた本は私が知る限りあまり目にした記憶がない。

そんなわけで本書はリーダーシップ論としても価値があるんじゃないかな。


『知識は陳腐化するが、考える力と考え方は陳腐化しない』by 内田和成

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/241-93cc45d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。