ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会人大学院で何を学ぶか (岩波アクティブ新書)社会人大学院で何を学ぶか (岩波アクティブ新書)
(2002/06)
山田 礼子

商品詳細を見る

★★★★

大学院・大学編入学社会人入試の小論文―思考のメソッドとまとめ方大学院・大学編入学社会人入試の小論文―思考のメソッドとまとめ方
(2002/08)
吉岡 友治

商品詳細を見る

★★★★

吉岡のなるほど小論文講義10―書き方の基本からビジュアル課題まで吉岡のなるほど小論文講義10―書き方の基本からビジュアル課題まで
(2002/12)
吉岡 友治

商品詳細を見る

★★★

<社会人大学院で何を学ぶか>
受験勉強を開始した直後くらいに読み、自分がなにをしたいのか深く考えさせられた。
早い段階から自分を見つめなおし、MBAを取ることが自分にとってどのような意義があるかをまとめることができたので、結果として研究計画書や志望動機がよく練られたものになったと思う。

スクールの種類や良し悪しを判断する視点等もまとまっており、本気で大学院を検討している社会人にとっては良書です。


<吉岡小論文シリーズ>
予備校へ通う人は読む必要はないかも。私は学部時代から現在まで論文をまともに書いたことがなかったため、基礎の基礎を知りたくて読んでみた。

2つ挙げたけど、国内MBAであれば<社会人入試の小論文>1冊だけでOK。
<なるほど小論文 講義10>はビジュアル課題や統計資料、グラフ課題まで網羅してるけど、そんな問題はMBAでは出ません。第7,8,9講は無駄になります。
とはいえ先生と生徒が対話形式で説明する形になっているので非常に読みやすく、レベルはこちらが入門。分かりやすさはこちらが上です。

どっちを使う場合でも「課題文型小論文」に関しては熟読して理解しておく必要がある。特に早稲田は重い課題文が2つ出題されるので、短時間で課題文の要約→賛否→根拠という形でまとめ、指定時間内に指定文字数内で書けるようになるまで練習すべし。


とかいいつつ自分の1次試験はどうだったかというと、一応書き切ったけど、全く手ごたえがない、という出来でした・・・


次回のテーマは、終わってみればおそらく合否の一番のポイントだったと思われる<研究計画書&面接編>にしようと思います。

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/24-7969acf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。