ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略
(2005/06)
飯野 一

商品詳細を見る

★★★


国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集
(2003/07)
飯野 一佐々木 信吾

商品詳細を見る

★★★


国内MBAスクールガイド国内MBAスクールガイド
(2002/05)
ジャパンMBAネットワーク

商品詳細を見る



受験対策は2回にまとめて書こうと思ったけど、3,4回分の記事になりそうです。


最初に言っときますが、対策としてこれとこれを読めば受かる、というものはないです。

なぜなら入試で出される論文のテーマが「イノベーション」、「組織論」、「M&A」、「ベンチャー」、「日本的経営」、「格差社会」、「少子高齢化社会」、、、などなど、広い範囲から出題されるので、なにを勉強すべきか?と言われると、社会科学全般です。としか言いようが無いから。

そんなわけで、例えばこのブログで紹介した本や、その他の経営書や新聞、雑誌など、全て役に立つといえば立ちます。要は普段から社会に興味を持って、自分の考えを持ち、アンテナを張っておくこと。そしてできれば考えや感じたことを「書く」ことが必要です。



上で紹介している3冊は、いくつか欠点もあるが、入試ってどんなもの?レベル感は?などを調べるにはちょうどいいです。 (古い情報が多いので鵜呑みにしないこと。一部の成功体験(ウインドミルさんの生徒)だけをもとにした情報であるため、一般化した情報として信じ過ぎないこと。) はっきりいって頭のいい人が上段の2冊だけ読み込んで自分流にアレンジできれば書類と面接で受かるようなスクールや競争率が1倍に近いスクールは全部受かると思う。そういった意味では超良書かもしれない。


3冊目の国内MBAスクールガイドはもう古すぎて完全に意味が無いので、スクールの基本情報は自分で集めた方がいい。おすすめは6月に開催されたMBA Network Fairなどの合同セミナーに参加したり(来年も多分開催されると思う)、資料を直接スクールから取り寄せたほうがいいです。


次回もMBA受験を意識して読んだ本を紹介します。

Have a good weekend!
スポンサーサイト
  
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
---------- [ 編集] . 04/28, 22:41 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/23-d6caf02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-
管理人の承認後に表示されます
05/27, 02:31
     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。