ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月度の研究会のお知らせに先立って、事務案内をさせて頂きます。

先月の研究会でもご案内させて頂きましたとおり、運営主体が早稲田大学 内田ゼミに変更となった経緯もあり、嶋口先生の強いご意向により、2009年4月から、本会の名称を「嶋口研究会」から 「嶋口・内田研究会」に変更させて頂きました。今後の各種ご案内は、新名称にて実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。


さて、4月度のご案内は以下の通りです。奮ってご参加をお願い申し上げます。


■ 開催日:4月27日(木)19時~ (18:45~受付開始)

■ 講師:小野 譲司(おの じょうじ)様 (明治学院大学 准教授)

<講師略歴>
明治学院大学経済学部准教授。専門は、マーケティング、サービス・マネジメント、顧客満足やeサービス・クオリティの理論と測定。1998年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得、早稲田大学アジア太平洋研究センターなどを経て、現在にいる。2000年、博士(経営学、慶應義塾大学)を取得。
今回の報告テーマは、(社)日本マーケティング協会の研究支援のもと、藤川佳則氏(一橋大学)と行っている共同研究でもある。製造企業のサービス化を中心として、先進的な取り組みをしている企業事例に対するフィールドリサーチを行っている。今回の報告にはその研究結果の一部も含まれる。
最近では、経済産業省・サービス産業生産性協議会が進める日本版CSI(顧客満足度指数)の開発主査として、日本のサービス産業のCSIの測定方法の開発とその活用に関する産学官共同研究を行っている。

<主要著書>
・ 『現代のマーケティング戦略 消費者・コミュニケーション戦略』共著(有斐閣、2006年)
・ 『バリュー・プロフィット・チェーン:顧客・従業員満足を「利益」と連鎖させる』共訳(日本経済新聞社、2004年)
・ 『仕組み革新の時代』共著(有斐閣、2004年)
・ 『顧客ロイヤルティの時代』共著(同文舘出版、2004年)
・ 『顧客資産のマネジメント:カスタマー・エクイティの構築』監訳(ダイヤモンド社、2002年)
・ 『マーケティング革新の時代①顧客創造』共著(有斐閣、1998年) 他
そのほか、「季刊マーケティング・ジャーナル」「一橋ビジネスレビュー」などに論文を掲載。

■ 演目:「サービス・ドミナント・ロジック:価値共創の革新」
<概要>
マーケティングの研究界で、サービス・ドミナント・ロジック(SDL)という考え方が台頭しています。ハード、ソフト、コンテンツ、そしてサービスに至るまでの、顧客に提供されるものすべてを「サービス」と捉える、というのが「ドミナント(=支配的)」な論理の出発点です。
今回の研究会では、マーケティング研究者以外の多くの方々にとっては初耳であろう、このSDLの考え方をベースにして、マーケティングの現代的な課題の一つである「企業と顧客の価値共創」(co-creating value)について、先端事例に対するフィールドリサーチの成果をふまえ、いくつかの論点整理を行いながら、みなさんと議論したいと思います。
キーワードは「サービス・マーケティング」「製造企業のサービス化」「価値共創」そして「マーケティング研究のフロンティア」です。ご参考までに、今回の研究会に関連する「マーケティング・ホライズン」紹介記事を添付します。

上記内容にて、ご講演を頂きます。

■場所:社団法人日本マーケティング協会
     東京都港区六本木 3-5-27 六本木山田ビル 9 F
     TEL (03) 5575-2101
     http://www.jma2-jp.org/guide/office.html

■会費:
     1) 5千円/年 今年度分を一括でお支払いいただく場合 (お支払い月から 2010 年 3月まで)
     2) 1千円/回 ご参加の都度お支払いいただく場合
     *1) 2) ともに、研究会当日受付にて徴収致します。
     *KBS、WBS、多摩、法政、青山、東大 MOT の各在校生は不要です

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/220-c3e37ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。