ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想の第2弾。出会いといってもヤラシイ意味合いはない。



MBA、それは“上質な”人との出会い

尊敬できる師匠、志の高い多様な仲間たち、

それら全ての出会いが私をより高みへ導いてくれた



なんて書くと格式高くてカッコエエけど、気持ち悪いからやめときます。
でも内容が内容なので、少々気持ち悪いというかクサイ内容になるので悪しからず。


さて、本音のところをお話しすると、まず私の友人(サシで飲みにいけるレベル)といえば、外資系IT業界の、しかも営業系のイケイケな人たちが多い。いつも鼻息荒くガンガン稼ごうぜ的な生き方で、それはそれですこぶるモチベートされる大切な仲間たちなんですが、今思うと、ちと多様性にかける・・・
(ちなみにこの手のエグイ人はBSであまり見かけません^^)


ところがBSに入って、全く多種多様な考えやスキルを持ち、しかもみな次元がかなり高くて参った。
世の中広いなあと、そして楽しいなあと、30半ばを目前にして新社会人時代の新鮮な喜びを再び味わうことができた。


そして多種多様な人たちとの出会いが一気に増えて、私自身の価値観や考え方もだいぶ変わった。
(なにが変わったかは書き出すと長くなるので、具体的にはまた別エントリで)

ちょうど先月末の授業最終日に、9号館のコモンルームで同じゼミのIさんと談笑していた時のことだが、お互い入学前は全く考えもしなかったようなキャリアプランについて、かなり具体性を持って話していることに気づき、おおいに驚いたと同時に、ここへ来たこと、その選択が正しかったことに感動した。

授業での学びというより、いろんな人との出会いの中で、その出会った人の世界を知ることを通じて、
自身の世界が一気に10年分くらい広がった感じ。いや、ヘタすると一生広がることがなかった世界もあったと思う。

転職経験がある方には理解頂けると思うが、最初の転職では、世の中にはいろんな常識や価値観があることに驚く。この転職時の驚きというか価値観の広がりをドバッと一気にたくさん味わえる場所、というとわかりやすいかな。

なにか抽象的なことばかりで分かり難くて申し訳ないが(現時点では細かく書けない)、この世界観の広がりのイメージをなんとなく感じ取って頂ければ幸いだ。


個人的にはこの1年間の出会いだけで、学費などの投資分(300万弱)以上の価値があったので、残り1年は丸々利子分にあたると思っている。(なんという高利回り^^)

最初の1年を終えた今、あと残り1年しかない贅沢な時間が名残惜しい。だから精一杯堪能してやろうという気持ちでいっぱいです。



新しい人との出会いが
新しい自分との出会い

(あいだみつお風)

スポンサーサイト
02.09 (Mon) 20:29 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/203-60fc178d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。