ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前エントリに続き、Ⅰも刺激的で考えさせられる部分も多かったので紹介しておきます。

外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか
(2006/09/08)
ISSコンサルティング

商品詳細を見る


やっぱり今回も長文になるので、いつものように興味がある人だけ続きを読んでくださいね。


- Amzaonから目次を引用 -

魚谷雅彦(日本コカ・コーラ(株)代表取締役会長)―とにかく情熱を持って取り組むこと。そうすれば、やがて道は開けてくるんです
柴田励司(マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(株)代表取締役社長)―周囲にいる人が幸せになる。子どもの頃から今に至るまで、それが私のビジョンでした
新宅正明(日本オラクル(株)代表取締役社長、最高経営責任者)―恩返しがしたかった。会社に入る前も、入ってからも考えていたのは、それだけです
関口康(ヤンセンファーマ(株)代表取締役社長)―自分の技が評価される。そういう人生にしないと後悔すると思ったんです
平野正雄(マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンディレクター)―エキサイティングでした。次から次へと来る仕事が、面白くてしょうがなかった
グレン・S.フクシマ(エアバス・ジャパン(株)代表取締役社長)―職場を変わるたび、また新しいことが学べる、とうれしくなるんです
藤井清孝(LVグループ(株)代表取締役社長、ルイ・ヴィトン・ジャパンカンパニープレジデント&CEO)―自分の限界に挑戦する。そこにこそ、私はものすごいスリルを感じるんです
藤森義明(日本ゼネラル・エレクトリック(株)代表取締役会長、GEコンシューマー・ファイナンス・アジアCEO)―世界はすごい奴らがいるんです。そういう連中と戦えるチャンスが私は欲しかった
安田雄典(BNPパリバ在日代表)―「リーダーって何だと思いますか」と聞かれて思ったのは、「無私と夢」です
山中信義(日本エマソン(株)代表取締役社長)―本当に一生懸命やっていれば、必ずだれかが見てくれているんです
脇若英治(BPジャパン(株)代表取締役社長)
ラヴィ・チャタベディ(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株)取締役社長)


すごい面子です。ⅡよりMBA取得者やコンサル経験者、インベストメント・バンカーとして活躍された方も多く、エリート中のエリートというキャリアでこれは参考にならんのでは、、、とも思ったが、幸い参考になる部分や共感できる部分が多々あった。

本エントリは前エントリのように「引用」+「感想」という書き方ではなく、主に私が感じたことを中心に書こうと思う。

1. 結果の出し方について自分の未熟さを痛感
新しい組織や新しい会社に入った際の、結果を出す方法論として、2人の方が書かれていた。

・日本エマソンの山内さん
最初の1ヶ月でこれまで環境との差をインパクトとして受け止めて馴染み、2ヶ月目で何をやらないといけないのかを把握、3ヶ月目で具体的になにをしようかと動き始める、というスタイルを取っておられる。
・BPジャパンの脇若さん
「6,12,6の法則」という方法論を持たれており、最初の6ヶ月でまず覚える、次の12ヶ月でそれをマスターし、最後の6ヶ月でドーンと結果を出す、というものだ。

振り返って私自身のキャリアチェンジはどうだったかというと、カルチャーやシステムに馴染めたなと思えるまで1年はかかったと思う、、、業務内容のキャッチアップはもちろん最初の1年とオーバーラップする部分もあるけど、これも自信をもってお客様に語れるまで1年近くかかった、、、そしてボチボチ結果は2年目くらいから出始めたが、グローバル基準の目標が達成できたのは4年目から・・・・

明らかに時間がかかりすぎ、、、まあ現地法人のスタートアップというなにもない環境からだったからと、少しエクスキューズを言いたい気もするけど、でもやっぱり時間がかかり過ぎ。今の自分だったら少なくとも1年以上短くできる自信があるし、そのためにこれまでの知識と経験を整理・統合するためにビジネス・スクールに通っているわけで、ちょっぴり賢くもなってきている。
というわけで、圧倒的に自分が未熟だっただけだと、あらためて痛感。

次の転機にはもっとスピーディに結果を出せる男になってなあかんなと、誓いを新たにできた


ああ、いろいろ書こうと思っていたけどタイムアップ。授業が始まるので、続きはまた後ほど。

ちなみに今から受ける講義は『ITベンチャー論』という授業です。最終課題のプレゼン発表は教授のお知り合いの投資家をゲスト審査員を招いて行うらしく、スジのいいビジネスプランなら話を進めて頂けるらしいので楽しみだ。

ではまた!



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/181-9499d5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。