ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ秋学期が今週より開始された。

月曜は受けたい授業がなかったため、今日火曜日が久しぶりの登校だった。
(ちなみにまだ履修登録前で、いつどんな授業をどれだけ取るか決めてない。今期はかなり悩ましい・・・)

ゼミの面々とは夏休み中も週一で勉強会をやったり、上海へゼミ合宿に行ったりと頻繁に会っていたので、久しぶりだな~という感じは全くなかったが、他のゼミの方々とはかなり久しぶりな感じがした。守口ゼミの御大がダンディなヒゲをはやされておられ、イメチェンされていたのにはびっくり。さらに貫禄をつけてどうする気ですかと・・・(^^)

さて、今日は内田先生が講師の「競争戦略研究」という、我々内田ゼミ生にとっては必修科目な授業を受講。

どんな内容かというと、内田先生といえば異業種格闘技、つまり通常の競争戦略(トヨタ対ニッサンや、ソニー対松下、みずほ対東京三菱UFJなどの同じような土俵での戦い)ではなく、メガバンク対コンビニ、ネット銀行、CD対音楽通信、マイクロソフト対グーグル、などのような、少しモデルが違った企業間を比較したり、異業種参入を分析したり、といったようなものをケースとしてとりあげ、その競争原理の本質を見極めようとしたり、今後どうなるか、という将来展望を考察したりする。

でも、、、、いろいろ分析したり考えたりはするが、先生からは回答はしない、とのことだ。

内田先生曰く、「答えは言わないし、まだ出てないケースもあるため言えないものもある。だから授業を受けた後、なんかモヤモヤとした感じで帰ってもらうことになるだろう。」

これはどういうことかというと、本授業では単純にフレームワークを学ぶようなタイプのものではなく、“答えがない”ビジネス環境の中で考え抜く訓練をする、ということだ。

ついつい答えを知りたがる気持ちを抑えて、とにかく考え抜き、そして積極的に議論しようと思う。


あと、授業の内容はもちろんだけど、授業のやり方も講義形式ではなく、ハーバードビジネススクール仕込(つい最近)のケースが中心で、後半はグループワークとプレゼンテーションなので、かなりエキサイティングな授業になりそうだ。



こんな感じで授業が始まっちゃったけど、夏休みに読んだ本の書評や、ゼミ合宿のレポすら書いてない・・・

せめてゼミ合宿のレポは遅くとも今週末中には書くぞ!

スポンサーサイト
10.01 (Wed) 00:05 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://sugax2007.blog32.fc2.com/tb.php/166-209d3bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。