ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内田先生の著書『論点思考』がAmazonで予約開始になっています。発売は明日1月29日。

論点思考論点思考
(2010/01/29)
内田 和成

商品詳細を見る


2007年11月21日のエントリで紹介した『仮説思考』の続編です。その書評を書いた頃はまだ早稲田MBA入学前。そこから筆者である内田先生のゼミに入り、続編である本書『論点思考』の草稿を読ませて頂いて、校正のお手伝いや意見をさせて頂くなんてことになるとは当時は想像もしていなかった。。。

ちょうど昨日、内田先生と田原総一郎さん主催の大隈塾(リーダーシップ論)が最後の授業だったり(これは後ほど別エントリで)、本エントリを書きながら節目を迎えているなと、感慨深い気持ちに浸っています。


さて、本書の紹介ですが、まずは中身の紹介を内田先生のブログから。

==以下抜粋===================================
中身ですが、前作「仮説思考」ではビジネスパーソンにとって非常に重要な問題解決をいかに効率的かつ効果的に解くかと言い視点で書いています。
それに対して、今回の「論点思考」では、ポジションが上がって意思決定者に近づけば近づくほど、大切なのは問題を解決することではなく、正しい問題を解くことだというのが出発点になっています。

BCGではこれをIssue(イシュー)と呼んで、毎日のように、このプロジェクトのIssueは何か、あるいはこの課題に答えるには解くべき論点は何かといった会話が飛び交っています。
そうしたIssue oriented なアプローチを一般ビジネスマンが使うにはどうしたらよいかと考えたのがこの本なのです。

==抜粋終わり==================================

論点思考とは、一言でいえば「物事の本質はなにか」ということを常に考える、ということなんだと個人的には思っている。先生の紹介と重複するけど、ポジションが上がれば上がるほど、この部分が間違っていたりブレたりすると、組織が間違った方向へ向かって進んでしまって致命的な問題に発展する。

普段の業務でも、案件を取ってきて、さてどのプロジェクトマネージャー(PM)に任せるか?という時に、判断基準としてクライアントの心が読める(クライアントの論点を捉えている)PMか?そうでないPMか?という点は技術スキル以上に重視していた。

これは問題が起きた際になにを優先するか、スケジュールを守ることか?追加投資を発生させないことか?契約でうたった機能を100%守ることか?手間を増やさせないことか?等々、その担当者、その業務、そのタイミング、などによって論点は変わってくるが、それを機敏に捉えて適切に対応できる人は安心できるが、契約書に書かれたうわべの言葉しか頭にないPMでは安心できない、ということだ。


また、本書はある意味でリーダーになるための自己啓発本とも感じた。

リーダーシップに関する本は星の数ほどあるが、その中で「ビジョンを持っていること」や「ゴール(目的)を設定すること」などのような、組織の目的を決めるという要素の重要性は必ず記述されているが、ではどうやってそのビジョンを設定するか、その設定能力をどのように高めるか、ということについて詳しく書かれた本は私が知る限りあまり目にした記憶がない。

そんなわけで本書はリーダーシップ論としても価値があるんじゃないかな。


『知識は陳腐化するが、考える力と考え方は陳腐化しない』by 内田和成

スポンサーサイト
1月8日20時30分頃に、無事提出完了!

今日はいろいろありすぎましたが、なんとか大きな関門をクリアできました。


ある意味ドラマチックだったので、時系列で振り返ると、


 5日から痛風の発作が始まって、左足の親指付け根が千切れそうに痛く、あまりにひどい痛みがず~っと続くため、全ての気力が奪われていくというすさまじい状態でした。8日の今日、痛みはピークで、もはや朝から一歩も歩けない状態だった。。。。

 痛みが少しでも引いたら提出に行こうと、ジリジリ堪えていたけど一向に変わらない。というよりむしろ腫れてきてドンドン痛くなる有様。

 タイムアウトは避けたかったので、意を決して松葉杖を装備し、車はオートマだから右足が動けばなんとか運転できる。よし、行こう!と、気合を入れるためにスーツをきて向かいました。

 学校になんとか着いたら着いたでやることがいろいろあるんですが、自分で満足にできない状態・・・

 そしたら居合わせた守口セミのAさんにヘルプ頂いたり、内田ゼミのみんなも続々と駆け付けてくれて、移動は全て荷物を持ってくれて、肩も貸してくれて、かなり助かりました。

 そして論文の製本もゼミのみんなが手分けしてサクサクッと作ってくれて、無事提出!

 ひとりだったらかなりキツかったと思います。ほんとにありがとうございました!


 そして提出後は楽しみにしていた打ち上げだが、さすがに無理かなと諦めていたけど、、、ゼミのみんなにまた肩を貸してもらい、タクシーで打ち上げ場所の銀座まで連れて行ってもらい、一次会だけ参加することができました。解放感いっぱいのほんとに楽しい打ち上げで、無理してもきてよかったとほんとに思った。論文をやりきった喜びより、こんな素敵な仲間と出会えたことがほんとにうれしかった。

 たくま兄に肩を貸してもらい、みんなと歩いた銀座の夜は一生忘れないだろう。


 みんなありがとう!
01.09 (Sat) 02:37 [ MBA ] CM3. TB0. TOP▲
年末年始の全てを費やして書き上げた論文を、1月4日早朝に主査の内田先生へ提出。


昼過ぎに、先生より『Well done!!』のコメントを頂きました!

いくつかご指摘は頂いたけど、全体としては合格ラインの内容とのことです。
提出1週間前にして、やっとというかはじめて先生に褒めて頂いたのでかなり嬉しかった^^


というのも私は間違いなくゼミの中で断トツに遅い進捗具合だったので、先生はもちろんゼミのみんなにもご心配(安心材料?w)をかけたと思いますが、なんとか一緒に卒業できそうな気配です。しかし年末年始は連日10時間くらい集中して書けて、3日には神が下りてきたかのような集中ぶりを発揮できました。やはり仕事と完全に離れて取り組める状態というのが大きかったようです。

まだ参考文献一覧と概要をつけることと、細かい校正作業などやることはいろいろあるので気は抜けないですが、ここまできたら落ち度がないよう最後まで走り切ります。


このブログでは修論についてほとんど書けてなかったけど、落ち着いたらどんなプロセスで書いたか、なぜ私は留年しそうなくらい進捗が悪かったか(笑)について書きたいと思います。


M2のみなさん、ゴールまであと少しがんばりましょう!

01.05 (Tue) 10:26 [ MBA ] CM2. TB0. TOP▲
すこし遅れましたが、みなさまあけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します!



しかし昨年はめっきり更新しなくなり、にもかかわらず毎日一定のアクセスを頂き、申し訳ないなあと思いつつ一年が経ってしまいました。

2009年はエントリー数たった41件、、、2008年のエントリー数150件と比べて3割以下と、筆不精ここに極まれりという感じで申し訳ございませんでした m(_ _)m

昨年は8年ぶりの転職、第一子誕生という人生の一大イベントがあったり、MBAでは京都やモンゴルへのスタディツアーや鴨川合宿があったり、授業も非常に濃いグループワークを経験したり、そして今も佳境に差しかかっている修論と、書くことは山盛りあったんだけど、ありすぎて逆にブログを更新できないくらいでした。

振り返ると2009年は個人的に人生でも一番充実した一年だった。


現在は正月とか関係なく、時間があれば修論を書いているところで、進捗は現在94ページまで増え、7割くらいの完成度。あと20ページくらい増える予定なので、そこまで書いたら全体推敲の上80ページくらいまで絞り込もうと思っています。

1月8日の提出期限に向けて、なんとか自分なりに満足のいくものを書きあげたいと思います。


今年は3月にMBAをいよいよ卒業する(できれば。。。)ので、まずは残り少ない学生生活をギリギリまで楽しみたいと思う。卒業旅行もあるしね^^

卒業後はどうしようか。。。夢は膨らみまくり(笑)

まず仕事に集中するというのはもちろんとして、家族サービスや友達と遊ぶこと、犠牲にしてきたものをまずリカバリーしたい。

とかいいつつまた自分のやりたいことばかりやるんだろうなーと思うので、守れない抱負は立てないことにします(笑)


そんなこんなで相変わらずの乱文になりましたが、本年もみなさまよろしくお願い申し上げます。


01.02 (Sat) 01:55 [ 雑記 ] CM0. TB0. TOP▲
  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。