ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年5月21日22時54分、大阪の小阪産病院にて息子が誕生しました。
体重は3,448g、元気いっぱいの男の子です。

分娩所要時間は26時間01分、、、よく頑張ってくれました。
お産がこんなに大変なものとは思わなかったけど、その分生まれた瞬間の感動は大きかったです。

仕事がかなり立て込んでいる状況にも関わらず、私の代行をしてくれた同僚や上司など、会社のサポートに感謝。出産に立ち会えてほんとによかったです。

また、出産前1ヶ月間をサポートして頂いた義父母、そしてなにより辛い陣痛に耐えて元気な子供を生んでくれた妻に最大限の感謝を送ります。



生まれた子供の名前は『大雅(たいが)』
大きな器の、かっこいい生き方をする男に育ってほしいとの願いを込めて。

また、将来グローバルに活躍することを考慮して(笑)、英語圏の人からはTiger(タイガー)と、呼びやすい名前であることも考慮しました。

まだ生後1日ですが、泣くのはもちろん、笑顔をみせたり、くしゃみをしたり、あくびをしたり、まだ目もよく見えてない状態なのにいろいろ表情を変えます。あと夢をみるほど記憶もないはずなのに、寝てても時々ニヤリとしたり、突然両手をバッと上げてみたりします。胎児のころの記憶でもあるのでしょうか?ほんとに見てて飽きないですね^^

これから仕事に学業に子育てと、3足のわらじを履くことになるが、楽しく乗り切っていきたいと思います。

大雅
生後1日でブログデビュー
スポンサーサイト
05.22 (Fri) 22:46 [ 雑記 ] CM1. TB0. TOP▲
春学期最後の履修科目、『市場競争戦略』を先週金曜に受講。

これで履修科目及び聴講予定科目は一通り受けたが、おおむね期待通りの授業ばかり。というか期待を超える授業が多くて毎日楽しみという感じだが、なかでも嶋口先生の本講義は予想通り素晴らしかった。

嶋口先生はご存知の通り内田・嶋口研究会のアノ嶋口先生です。日本のマーケティングにおける大家だけあってとても含蓄のある授業であることはもちろん、授業の進め方もKBS式のケース主体なので、WBSには少ないから新鮮だ。


だけど、、、この日は東京ビッグサイトのイベントに私の勤める会社もパートナー企業のブースをお借りして参加しており、そこで朝9時半から5時半までずっとアテンドし、説明員として立ちっぱなし&4回のスピーチをこなした後だったので、体力的にかなり弱った状態で授業に挑まざるを得なかった。

そんなわけで体力的な疲れから、途中強烈な睡魔に襲われたり、全般的にイマイチ頭の回転スピードが上がらなかったりと、体力の減退を痛感した。体調管理と体力増強に一層気を使っていかなきゃな。。。



ちょっと走りこみでもすっか!  100%続かないけど・・・

東京ビッグサイト

晴天で気持ち良かった^^

05.19 (Tue) 02:53 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
昨日は久しぶりのゼミでした。

1年生も交えての修論進捗報告を各自10分、質疑応答5分の15分ずつで行う、と言う予定のはずが、一人一人の発表及び質疑に熱が入り、5時間くらいかかりました。

まだ仮説すら定まっていない私に比べ、みんなスゴイ進めてるし(予想はしてたけどw)。
仮説の検証まで一部終えている仲間もいたりと、かなり焦ってきた。ちょっと気合を入れないとマズイですね。私の場合、インタビューが中心だから、先方のスケジュールにも合わせなくてはいけないという制約もあるから、本来一番進んでないといけないくらいなのに・・・

GWの休み中というかその前からだけど、息抜きといいつつだらだら以下のような本ばっか読んでるからいけなかったのか^^;

これは以前紹介した北方謙三氏の水滸伝の続編です。
ちょうど9巻が出版されたところで、ここまで読了。まだ話は続きます。
楊令伝 九楊令伝 九
(2009/04/24)
北方謙三

商品詳細を見る


北方水滸伝シリーズで、〈上〉、(下)あります。陽業とその息子達の物語です。
楊家将〈上〉 (PHP文庫)楊家将〈上〉 (PHP文庫)
(2006/07/04)
北方 謙三

商品詳細を見る


これもまた北方水滸伝シリーズで、〈上〉、(下)であります。
同じく陽家一族の物語で、生き残った六郎や四郎が中心。なんとも壮絶な一族、、、
血涙(上) (PHP文庫)血涙(上) (PHP文庫)
(2009/04/01)
北方 謙三

商品詳細を見る




ついつい小説もリーダーシップという観点で読んでしまったりする。陽令は自身が鬼のような強さと果敢な戦いぶりで部隊を率いて戦い続け、周りを鼓舞し続ける。いわば求心力型のリーダーシップを発揮していたが、徐々に当時誰も考え得ないビジョンを示したり、組織の建て直しに奮迅する、遠心力型のリーダーシップに変貌していく。その際の心境の変化や環境との関わりが興味深く、私にとって思いのほか示唆の多い物語になった。


でも、、、、ちょっと水滸伝系はお腹いっぱい。
05.10 (Sun) 14:00 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。