ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の「競争戦略研究」 by 内田先生では、JTB、HIS、楽天トラベルの戦略比較分析をおこなった。

それぞれどのような事業ドメインで戦っているか、Targetは?Valueは?Strengthは?それぞれにとってのCompetitorは?等を分解していくとなかなか面白い結果に。
(結果はネタバレになるので書けないけど)

かなりダイナミックに市場環境が変化している業界だけに興味深かったな。


そして帰宅後ちょっとゆっくりしてから明日の「経営戦略」の課題をやり始めたけど、終わったのはついさっき(午前3時)、、、玉子屋のケース分析ってなんだよ!ってナメてたら結構時間がかかった。

おかげで経済原理(規模の経済、経験の経済、範囲の経済、密度の経済、スピードの経済等)の理解がさらに深まったのでよかったが。


コーヒーとドリンク剤の飲みすぎ&脳が興奮気味のせいで、たぶんすぐに寝れない予感(T_T)
内容がユルイ本でも読んでリラックスしながら眠くなるのを待つか・・・

スポンサーサイト
10.29 (Wed) 03:32 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
嶋口研究会 10月度開催案内です。


■日時 平成20年10月31日(金) 19時~ (18:40~受付開始)
■講師 コーン・フェリー・インターナショナル株式会社 
日本担当代表取締役社長 橘・フクシマ・咲江 氏

■場所 社団法人日本マーケティング協会
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F
http://www.jma-jp.org/JMAhome/AboutUS/iten.htm


■演目 「”グローバルな人財市場の動向” -グローバルなキャリア形成とは?-」

■概要
2008年1月ビジネスウィーク誌「世界で最も影響力のあるヘッドハンター・トップ50人」に唯一の日本人として選ばれるなど、人材・キャリア開発の分野においてご活躍のコーン・フェリー・インターナショナル株式会社 代表取締役社長の橘・フクシマ・咲江様に、今後のキャリア形成への目標や気づきに役立ち、今、人材市場で求められているグローバルな人財、キャリア形成について、フクシマ様の現在までのご経験より、お話を頂きます。


事前お申し込み不要ですので、ぜひ奮ってご参加ください!

お久しぶりとにー。気がついたら2週間以上更新してなかった・・・

夏休みに入ってから徐々に滞りがちになって、そのままズルズルときとります。

秋学期がスタートして3週間ほど経過したけど、すでに仕事と授業&課題、プライベートと、春学期と同様に寝不足全開な毎日が続いている。

前回のエントリでも書いたが春学期と比べて課題が重たい授業が増えたことや、ファイナンスと企業データ分析(統計学)というニガテな授業もじょじょに専門性を増してきて大変、というかぶっちゃけ企業データ分析は3回目にしてもう授業についていけてないし(汗)。

そしていよいよ今日のゼミでは、「11月8日の授業で修論のテーマを各自発表してね」という恐ろしい指令を先生から頂いた。ついに最大の山が現れはじめた。

というわけで、BSはもう春学期より断然キツイッス。

仕事も年末に向けて忙しさがピークで、プライベートでもいろいろ考えなきゃいけないことがあるし、最近はボーっとしてることが1秒もないくらい充実してるというかむしろテンパってる感じw


書評も書きたいけど、なかなかゆっくり時間がとれない。というか時間の問題ではなくて意識がそっちに向かない・・・ここんとこ読んだ本は授業の参考図書系が多く、学術書かビジネス書ばかりだけど、紹介したい本はいっぱいあるのに。まあ自分のためにも備忘録として少しずつ書いていこうと思う。


というわけで滞りがちのつたないブログだけど、今後ともよろしくということで。しーや

10.25 (Sat) 13:58 [ 雑記 ] CM2. TB0. TOP▲
昨日は「ファイナンスⅠ」を受講。
これで秋学期履修予定の授業は一巡した。

個人的にこの分野は専門外だけど興味があったので、在学中にしっかり基礎を固めておきたいと思っていた。

初回はガイダンスとファイナンスとは?からその目的など、半分ウォーミングアップのような内容だったので、なるほどなと面白く聞くだけだったが、最終課題はバリュエーションだったり、途中の課題もWACCを自分で算出してみる等、そこそこ深いところまで踏み込むらしいので、間違いなくタフな授業になると思う。

教材で指定されたリチャード・ブリーリー&スチュワート・マイヤーズのコーポレート ファイナンス(第8版) 上も買ったし、できるだけ予習復習をやって、落ちこぼれないようにしたいものだ。


とはいうものの、この本、分厚過ぎて読破できる気が全くしないッス。

他に分厚いビジネス書といえばポーターの競争優位の戦略や、ゼミナールシリーズのマーケティングとゲーム理論なども持っているが、これらはもはや辞書的な使い方で、深めたい、知りたい知識があったらその部分だけ読む、という使い方になっていて、読破して体系的網羅的に深く理解できる日はいつになるか全く見えない。

だけどすごい勢いで本棚にイカツイ学術書やビジネス書が増えるので、わが家の書斎が徐々に教授の研究室っぽくなってきてちょっと気持ちいい(笑)


秋学期履修科目まとめ
「ファイナンスⅠ」
「市場競争戦略研究」
「経営戦略Ⅰ、Ⅱ」
「企業データ分析Ⅰ、Ⅱ」
「グローバル・キャリア」
「市場競争戦略演習(ゼミ)」
「ITベンチャー論」

課題が多い授業や専門外で予復習が必要な授業が春学期より多いので、今期はかなりHeavyかも・・・しかも11月頃から修論のテーマ決定等があるし、仕事の方も12月は決算だ。こりゃ死ぬかもしれん。

10.08 (Wed) 21:33 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
土曜日のお話です。

秋学期の土曜は1限、2限、4限を正式に履修。3限は聴講にするつもり。
1限は朝9時からなので、平日通常出社より早く家を出なければならなくて、結構キツイ。

1限は「グローバル・キャリア」、グローバル化が進む中で、国際的なビジネスマーケットでどのように自分のキャリアを高めるか、という研究です。

2限の「市場競争戦略」は、内田先生による競争戦略についてのゼミだけど、今学期からは修論を意識した授業になります。私は来週いきなり課題発表があります・・・

4限の「ITベンチャー論」は、どのように企業するか、企業家にもとめられる資質と訓練など、これはビジネスプランを作成したりとなかなか大変そうな授業だが、今期一番期待している授業でもある。
最終課題は、実際のベンチャーキャピタリストの前で発表なので、気合入れていこうと思う。

そして夜はモジュール合同懇親会に参加。同学年の方々とは大体顔と名前が一致するようになってきた。今学期は前期と違った毛色の授業も多いので、新たなリレーションにも期待したいところです。

さて、そろそろ出社するので、今日はサマリーレベルに留め、詳細な授業のレポなどは次回以降に書きます。

では今日も一日がんばりましょう!
10.06 (Mon) 09:23 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
来年は修士論文を書かなきゃ卒業できないし、なにより、まがりなりにもMBAホルダーと言えるようになるには、やはり統計は避けて通れない。

というわけで、今日は坂野友昭先生の「企業データ分析」を受講。
初回の授業ということで、代表値(平均値、中央値、最頻値)、ばらつきの測定(範囲、分散、標準偏差)について、値を求める目的の違いについて、計算方法、そしてエクセル、SPSSを使ったオペレーションまで学んだ。

文系だった私にとって、単純な数字や四則演算以外の、√や∑(σ)などが山盛り使われたゴツイ数式は、見ただけでビビッてしまう。今日はなんとか付いていけたと思うけど、次回は検定(カイ2乗検定とt-検定)なので、今からちょっち心配だ。予習やっとかないとかなりヤバイぞ・・・


SPSSという統計ソフトを初めて使ったけど、かなりスゴイ。ほしーーと思ったけど結構いいお値段するそうだ。エクセルだけでも使いこなせば相当なことができるけど、極めるための労力がSPSS使えば激減できる。しかしエクセルって底が知れないよね?関数の半分以上使いこなしている人ってユーザーの何%くらいいるんだろう。授業の中で =normsdist(n:n1)という関数を当たり前のように説明されて使ったが、みんな知ってたんだろうか・・・



10.04 (Sat) 02:10 [ MBA ] CM113. TB0. TOP▲
昨日は早稲田MBA夜間の名物(?)、根来先生の「経営戦略」を受講。

この授業は共通基礎科目の1つですが、共通基礎科目は単位が足りていること、秋学期は専門分野外の授業(ファイナンスやデータ分析など)が多いので予習・復習が大変なこと、あと春学期で「実践全社戦略」や「マーケティング」、ゼミの「市場競争戦略」などで、戦略系の知識はある程度ついていることから、正直履修するかどうか迷っていた。

でも昨日授業を受けてみて、根来先生の授業が思ったより(失礼)面白いというか、人物が素敵過ぎる(^^)
(まず「戦略とは?」から、あそこまで深くディスカッションするとは、うわさ通りの方だったw)

というわけで、課題が多くて少し心配だけど、履修することにしたので、死なない程度にガンバリマス!


10.02 (Thu) 13:04 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
いよいよ秋学期が今週より開始された。

月曜は受けたい授業がなかったため、今日火曜日が久しぶりの登校だった。
(ちなみにまだ履修登録前で、いつどんな授業をどれだけ取るか決めてない。今期はかなり悩ましい・・・)

ゼミの面々とは夏休み中も週一で勉強会をやったり、上海へゼミ合宿に行ったりと頻繁に会っていたので、久しぶりだな~という感じは全くなかったが、他のゼミの方々とはかなり久しぶりな感じがした。守口ゼミの御大がダンディなヒゲをはやされておられ、イメチェンされていたのにはびっくり。さらに貫禄をつけてどうする気ですかと・・・(^^)

さて、今日は内田先生が講師の「競争戦略研究」という、我々内田ゼミ生にとっては必修科目な授業を受講。

どんな内容かというと、内田先生といえば異業種格闘技、つまり通常の競争戦略(トヨタ対ニッサンや、ソニー対松下、みずほ対東京三菱UFJなどの同じような土俵での戦い)ではなく、メガバンク対コンビニ、ネット銀行、CD対音楽通信、マイクロソフト対グーグル、などのような、少しモデルが違った企業間を比較したり、異業種参入を分析したり、といったようなものをケースとしてとりあげ、その競争原理の本質を見極めようとしたり、今後どうなるか、という将来展望を考察したりする。

でも、、、、いろいろ分析したり考えたりはするが、先生からは回答はしない、とのことだ。

内田先生曰く、「答えは言わないし、まだ出てないケースもあるため言えないものもある。だから授業を受けた後、なんかモヤモヤとした感じで帰ってもらうことになるだろう。」

これはどういうことかというと、本授業では単純にフレームワークを学ぶようなタイプのものではなく、“答えがない”ビジネス環境の中で考え抜く訓練をする、ということだ。

ついつい答えを知りたがる気持ちを抑えて、とにかく考え抜き、そして積極的に議論しようと思う。


あと、授業の内容はもちろんだけど、授業のやり方も講義形式ではなく、ハーバードビジネススクール仕込(つい最近)のケースが中心で、後半はグループワークとプレゼンテーションなので、かなりエキサイティングな授業になりそうだ。



こんな感じで授業が始まっちゃったけど、夏休みに読んだ本の書評や、ゼミ合宿のレポすら書いてない・・・

せめてゼミ合宿のレポは遅くとも今週末中には書くぞ!

10.01 (Wed) 00:05 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。