ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嶋口研究会に事務局員として初参加してきました。

今回は先輩よりバトンタッチを行って、我々内田ゼミM1が初めて運営を行いました。
全体を切り盛りして頂いた事務局長、受付業務やその他お手伝いを頂いた事務局のみなさま、お疲れ様でした!

私はというと、今日は司会という大役をやらせて頂きました。

初参加で雰囲気もわからない状態だったので、最初は緊張してグダグダになってしまいましたが、講演を行って頂いたスター・マイカ株式会社 代表取締役社長の水永様のスピーチの内容がとてもすばらしく、面白くてインパクト抜群だったので、結果的にはなんとかうまくいってよかったと思います。


ちなみに嶋口研究会とは、法政大学ビジネスクール教授の嶋口充輝教授(元慶應ビジネススクール教授、現慶應義塾大学名誉教授)と早稲田ビジネスクールの内田教授を中心にした勉強会で、1984年以来24年間続いている伝統ある勉強会です。8月と12月を除いて毎月欠かさず開かれてきており、これまでに200数十回開かれており、毎回多様なゲストスピーカー(経営者やマーケティング関係の方など)に講演を頂いています。

*参加申し込み方法やメーリングリストへの登録は下記URLを参照願います。
http://www.waseda.jp/sem-uchida/shimaguchi.html

次回は6月24日(火)、講演者は株式会社良品計画 代表取締役社長の金井 政明様です。
テーマは「ミクロの叙述という豊かさ、基本と普遍を追求するMUJI」の予定です。
ぜひ参加ください!


スポンサーサイト
なにかと多忙&グロッキーで更新が滞り気味です。すいません。

でも仕事とビジネススクールはなんとか対応できてます。


しかし、、、体力と時間的には対応できても、脳ミソ的に対応できないのが今日の「財務会計Ⅰ」。

今日の各論は連結財務諸表(基本編と応用編)とM&Aの会計など。今回から本格的に薄ーくしか理解できなくなってきた(笑)

しかも来週はテスト!!

設問は3つでA4一枚に1答、計3枚を書き上げるという形式だ。 
この歳になって赤点とか単位落とすとかはイヤなので、気合を入れ直す所存。

今週土曜の授業のあと、ゼミの有志でテスト対策勉強をやる予定。 S藤さん、教えてね!!
クラスメートとテスト勉強って、なんだか本当に学生に戻ったみたいで面白い(オッサンだがな)。


これで“Ⅰ”ってどーゆうことですか・・・
“Ⅱ”はもう履修キャンセルしたいんですが・・・・・・・・・・・・
05.28 (Wed) 00:28 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
今日はいつも気合を入れて臨む「実践全社戦略」だったが、疲労困憊で脳ミソが半分停止状態・・・
初めて1回も発言できなかったというテイタラク(T_T)

せっかく菅野さんに名前を覚えて頂いたのに、授業でまったく貢献できなくて残念、、、、また、ケースで同じグループになった方々にもイマイチ貢献できず申し訳なかったです。


ここ2、3週は案件増につき仕事が忙しいモード全開。
加えて、本社(US)との調整事項が多く、ビジネスクールが終わって帰宅してから対応してるので、
寝るのがもうAM3時、4時が当たり前に。(今日は朝も6時起床でまた本社対応・・・)

まあこれはうれしい悲鳴なので愚痴るつもりは毛頭ないけど、、、、、


帰りの電車でふと気づいたが、今日は忙しくて昼ご飯を食べてなかった!
なんかハラ減るなーと思って授業の前にウィダーインゼリーとSoyJoyを1個食べたけど、
今日食べたのはこれだけだった(朝ごはんも食べる時間がなく・・・・・・・)

寝不足には相当強いので、これくらいで調子が出ないのはおかしいなー、歳食ったからかなー、とか思ってたけど、どうやらガス欠が原因っぽい。


ガス欠は気合では乗り切れない、というのがよーーーくわかった。

健康やコンディションは二の次にしてたけど、今後は身体のケアも気をつけよう。
なんだかやってることは全く違うけど、アスリート並みに「ストイック」な生活になってきた(笑)

05.22 (Thu) 01:39 [ MBA ] CM2. TB0. TOP▲
今日も元気にビジネススクールへ。

今その道中だが、昨日の授業「マーケティングⅠ」のケースがユニークな内容で面白かったので記してみる。

ケースの題材は、小泉首相率いる自民党が2005年の衆議院議員総選挙で大勝した。その選挙戦略を特に最大野党の民主党と比較し考察してみるというもの。


05.20 (Tue) 18:24 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
私は2007年6月3日の第5回には参加しました。その時はくしくも早稲田ビジネススクールが会場だったので、縁があったのかなあ、、とか思ったり。

そんなわけで、せっかくなので宣伝してみます。

第7回は立教大学での開催で、参加BSは立教、慶應、多摩大、日大、法政、早稲田の6校。
各校の紹介や先輩方によるパネルディスカッションなど、国内MBAってどんなものか少しはイメージ頂けると思います。

ポイントは後半の学校別ブースでのQ&A。ここで気になることは全部聞いておくことをおすすめします。入試について(倍率は?論文のテーマと傾向は?)、仕事との両立とか(留年している人がいるかどうか?)、修士論文について(卒業できないことがあるくらい大変?)など、案外ざっくばらんに答えて頂けたりします(たぶん)。

なにより参加すればモチベーションがあがるので、時間があればぜひ。

開催日時:2008年5月25日(日)12:30~17:00
開催場所:
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科、21世紀社会デザイン研究科
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
案内:URL

(内田先生のサイトからリンクを拝借w)

■[コラム] グーグルに淘汰されない知的生産術

これはWeb進化論で有名な梅田さんのブログ「My Life Between Silicon Valley and Japan」のエントリーだが、非常に興味深い。

というのも、今後の“情報”と人との関わり方、知的生産の効率がグーグルを中心に大きく変わり、変わっていく中でどんなふうに人も変わっていけばいいか、という示唆に富んだ話で、納得できる部分が多かった。

情報の「肝」を書き出す

もはやほとんどの情報はグーグルやウェブなどから引き出すことができるし、その傾向は今後さらに加速するだろう。読書などでもいえることがだ、大事なことは、情報の引き出し方や引き出したものをどのように蓄積するか、蓄積したものをどう生かすか、これらの能力が重要になってくる。

例えば、集めた情報から浮かびだす「肝」を見抜く「俯瞰」的且つマクロ的な力、などなど、詳しくはコラムを読んで頂きたい。


万人に開かれた時代

ここは本文から引用したい。

----------------------------------------------------
最後に読者に伝えたいことがあります。広く「知的生活」と言いますが、知的生活というのは知的消費と知的生産を含んだ概念です。梅棹忠夫が述べているように、本を読むだけで終わるなら、それは知的消費であり、感想文を書くなりして初めて知的生産になる。その差は突き詰めて言えば「書く」かどうかにある。知的生活を充実させるにあたり、最初の関門は「書く」ことだと思います。

 次の選択肢は、書いたものをオープンにするか、それともクローズにするかということでしょう。かつてならば、広く一般に発表するには出版社を探すなり、それが難しいなら仲間を集めて同人誌を作るなどの、乗り越えなければならない壁がありました。しかし、今はブログなどのサービスを利用して、ウェブ上で手軽に文章を発表できるようになりました。ぜひ文章をオープンにしてみましょう。すると今度はあなたと関心や志向性の近い人たちとの結びつきが生まれ、新たな知の創造へと繋がります。

----------------------------------------------------

ブログで書評を「書く」こともひとつの知的生産であり、それをオーブンにすることでさらに意味が深まる。これはブログで感想文を書いたりしている私にとってうれしい言葉。

ブログは人にもぜひおすすめしたい知的生産の練習法だけど、ブログとはいえ人に見られるという状態で考えなどを書くことは、実はかなり勇気がいる。特に知人に見られるとかなり恥ずかしい(^^;)

でも自分が思っているほど興味を持って読み込んでくれる人は少ないし、結構好意的に読んでくれている(と思うw)。ほとんどは自意識の問題だから、気にせず「書く」ことから知的生産の鍛錬にブログを使っていけばいいと思う。


余談だが、読書について、「よくそんなに時間あるね」とか、「気になったところは線とか引いてるの?よく覚えてるね?」とか言われることがある。これにはコツがあるんだが、なんとこのコラムで梅田さんの読書方法に全て書かれていて驚いた。

私の読書方法は、

気になった箇所に線は引かない(時間がかかるし思考が途切れるから)、そのかわり上端を折るだけ。この方が早くマーキングができて、且つ後で見返す時に早くたどり着ける。更にその折った所から肝になる部分や、心に残ったなにかをブログに書き、いつでもチェックできるようにする。という無駄を削ぎ落としたシンプルなやり方だが、ものの見事に梅田さんと同じだった。

3色ボールペンや蛍光ペンで線をたくさん引いている人を見ると、自分はちょっと手抜きかな、と、引け目を感じていたけど、他にやっている人がいて安心した(^^)

ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)
(2008/01)
堤 未果

商品詳細を見る

★★★

小さな人生論 3―「致知」の言葉 (3)小さな人生論 3―「致知」の言葉 (3)
(2007/10)
藤尾 秀昭

商品詳細を見る

★★★★★

8時35分、ただ今名古屋を通過。

朝5時起床、6時47分東京発の新幹線で、現在大阪へ向かっています。
10時30分からと13時からの2件、打ち合わせ予定。今日は19時からの授業に間に合うだろうか・・・

せっかくなので新幹線で読書やビジネススクールの課題をちらっとやったりと、邪魔されない環境を有効に使おうかと思っていたけど、小田原を通過したあたりから爆睡して記憶ナス。

基本的に移動中は寝ない! スキマ時間は徹底して有効利用してやろう、と思っているんだが、新幹線で寝てしまうとは不覚だ。



しかし天気がよくて気持ちいい。これが出張じゃなくて旅行なら最高なんだが(^^)
05.16 (Fri) 08:49 [ 雑記 ] CM0. TB0. TOP▲
私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
(2008/05/08)
齋藤孝 梅田望夫

商品詳細を見る

★★★★★

人事マネジメントの授業では、どのような人事戦略が日本の企業文化にフィットするか、欧米のように機能性を追求すべきか否か?マーケティングの授業ではポジショニング戦略においてUnpositioning、という戦略が現実的に可能か?

などなど、どの授業でも答えが簡単に出ない、手ごわいケースや講義が増えてきた。

議論も白熱するし脳みそも大いに鍛えられるので、エキサイティングだけど結構消耗する。。。



そんなわけで今日は短めで。早く寝よ。

おやすm
05.13 (Tue) 01:09 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
毎日放送の情熱大陸勝間和代さんを特集していた。

すでに累計100万部以上のヒットを飛ばすLife Hack系や会計、ビジネス書のベストセラー作家であり、3児の母でもある旬な勝間女史ですが、NPO立ち上げ等、まだまだ全力疾走されているようす。大活躍ですね。

彼女の詳細な説明はもはや不要かと思いますが、そのバイタリティは見習いたいところ。


現在彼女も早稲田ビジネススクール(ファイナンス研究科)に通われてて、授業の様子もチラッと映ってましたが、ファイナンス研究科のキャンパスは日本橋COREDOにあるため会うことはまずないのが残念(私は西早稲田の本校キャンパス)。


to 内田ゼミメンバー
例のS口研究会で公演して頂いたら面白いかも、とか番組を見てて思いました。
女性の社会進出についてや、ファイナンスについてなど、強い領域をいくつも持たれているので、対象参加者のニーズに合致した内容のスピーチをしていただけると思います。

オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
(2008/04/15)
岡田斗司夫

商品詳細を見る

★★

レバレッジ英語勉強法レバレッジ英語勉強法
(2008/04/04)
本田 直之

商品詳細を見る

★★★

05.09 (Fri) 08:12 [ English ] CM0. TB1. TOP▲
法人営業「力」を鍛える法人営業「力」を鍛える
(2005/04/15)
今村 英明

商品詳細を見る

★★★★★

営業はサイエンス 必ず成功するための72のセオリー営業はサイエンス 必ず成功するための72のセオリー
(2008/04/04)
前田 明

商品詳細を見る

★★★★

GWがついに終わってしまいます。

暦通り4連休ばっちり取れたけど、特に旅行にいくわけでもなく、ダラダラ過ごしてますた。
どれくらいダラダラしたかっていうと、海外ドラマのHEROS シーズン1を全部見てしまうくらいです。

収穫は買い物にいってイカすポロシャツとベルトをゲットしたくらいか・・・


GW中にやらなきゃいけない課題とか、読まなきゃいけない本やケースがいっぱいあったけど、、、
ほとんど今日から手を付け始めた感じです。いい加減にこのギリギリにならんとやらない性格はなんとかしなきゃいかんなあ・・・小学生の時から変わってないし(T_T)

でも! こんな時間までかかったが一応課題を3つ、ブルーオーシャン戦略についての課題、スタバのケース、スズキのケースはやった。すこしだけ成長したね、S.Hayato君。


あと財務会計の復習がてら読もうと思ってた「アンソニー会計学入門」、“マーケティングと競争戦略”の最終課題に着手できてれば100点だったんだが・・・

あ、ポーターの「競争優位の戦略」を読破してればさらに130点くらいの満足度だったんだが。

ああ、そういえ(ry


キリがないですね。そろそろ寝ます。
05.07 (Wed) 01:18 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
ブルーオーシャン戦略に関する基本的な理解をもう少し書いておこうと思う。

一般的な差別化による先行者利益となにが違うかがキモであり、知っておいて損はない点だと思う。

(以下は興味がある人だけ見てね)


05.04 (Sun) 23:46 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
(2008/04/04)
勝間 和代

商品詳細を見る

★★★★

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
(2005/06/21)
W・チャン・キム、レネ・モボルニュ 他

商品詳細を見る

★★★★★

  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。