ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
(2008/03)
城 繁幸

商品詳細を見る

★★

スポンサーサイト
授業で出される課題の量が増えてきた。

平日のパターンは、

起床⇒10時に出社⇒19時からビジネススクール⇒23時帰宅、そこから食事&入浴等、その後会社のメールチェック&返信、資料作成などを済ませる。この時点でだいたい2時くらい。ここから課題に取り組むわけで、必然的に就寝時間は毎日3時か4時・・・ネムイッス(T_T)

そんなわけで土曜は授業が終わって帰宅後、爆睡。

今日も疲れを取るために家でゆっくり。といっても先ほどマーケティングの課題を仕上げてメールで教授に提出。少しは勉強してます。

結構ハードな毎日だけど、授業が楽しいからそれをモチベーションになんとかやっていける。
そこで一番怖いのは風邪とか病気。一旦体調を崩すと直すのがかなり困難な予感。

みなさん体調には気をつけましょう☆

04.27 (Sun) 23:41 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
いきなりだが今日の「実践全社戦略」は満足度100%。

この授業は大当たり。ゼミを除くと一番エキサイティングで学びが大きい。

まだ3週目なので断言はできなかったけど、今日の授業ではっきり確信。


「ここ、早稲田MBAへきて本当によかった」


と、心から思った。 早稲田以外のビジネススクールを知らないため「早稲田MBA」と記述したが、MBAそのものが、想像以上に学びが大きい。


04.24 (Thu) 01:08 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
マーケティング (日経文庫―経営学入門シリーズ (1044))マーケティング (日経文庫―経営学入門シリーズ (1044))
(2004/11)
恩蔵 直人

商品詳細を見る

★★★★

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則
(1994/01)
アル ライズ、ジャック トラウト 他

商品詳細を見る

★★★★

昨夜は早稲田MBAの1年、2年合同の懇親会に参加。
大隈記念タワーの15階「西北の風」という見晴らしの良いレストランで立食パーティでした。

他モジュールの方や先輩ともお話できたので、また異業種のネットワーキングができてよい感じ。
共通科目などでお見かけした方などとも話せて、なるほど、あの発言はそういうバックグラウンド(所属企業)からきてたんだ、なども分かって興味深かった。

あと2年の方が昼のMBA(旧アジ太)の方々との合同懇親会と、アルムナイ(卒業生、同級生の意)の組織化にも動き出されておられました。このようなネットワークは活かさない手はないですね。

なにか協力できることはないかと考えたが、今のところ本ブログで告知くらいしかできそうにないかな・・・


なにはともあれ、昨夜はお疲れ様でした。
今後ともよろしくお願いいたします <( _ _ )>

04.20 (Sun) 15:50 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
今日も朝からビジネススクールでお勉強。

2週目が終わってようやくペースがつかめてきた。効率のいい通学ルートや時間、準備やその他もろもろ慣れてきた感じです。

ただ、絶対的に時間と体力が足りないので、お金で解決できるものはどんどん取り入れたいと思っていたところ、ゼミのKさんのカバンにビビビときました。


それは、キャリアー付きビジネスバッグです!

もともと仕事用のグッズ(ノートPC、手帳、資料等)だけでもかなり重かったのに、さらにビジネススクールの教科書や資料等が増えたので、ちょっとアリエナイ重さになっていた。

最近キャリアー付きのバッグを持つ人をよく見かけるので興味は持っていたけど、正直出張でもないのにこれを普段使いにするのってどうかな~と思ってました。

でも、身近に利用者がいて快適そうな様を見ると、俄然購買意欲が沸くってのが人情だよね(?)


ビジネススクールはまだ始まったばかりだが、思ったとおり時間がぜんぜん足りない・・・

トランザクションが多くて忙しいのではなく、じっくり考えたい事が山積みだけど、脳ミソが一つなので困っている、というような状況だ。

時間があれば1つ1つ熟考できるのだが、なにしろ朝から夜10時までは日常業務&授業で埋まっているわけで、夜中と日曜日くらいしか考える時間を確保できない。

特に仕事の懸案は先延ばしにできないので睡眠を削るしかないわけだが、健康を犠牲にしてなんとか対応できればいいが、そのうち対応できない場面が出てきそうでコワい。

というわけで、意思決定(選択)の更なる迅速化と、一番時間がかかっている創造の部分(アイデア出しなどゼロから考えること)を加速する訓練をしなければならないと痛感。

基本的なことだけど、なにかを考える際はかならず時間をきって、かつ時間内にどんな解をいくつ出すか決めてから考えるようにしよう。漫然と複数のことをダラダラ考える事だけは止めたい。


ざっと「戦略「脳」を鍛える」あたりも読み返してみようかな。

04.18 (Fri) 01:42 [ 雑記 ] CM0. TB0. TOP▲
「財務会計Ⅰ」を受講。
これで春学期の登録科目は一巡した。で、この授業が一番厄介になりそう。

なぜならこれまでの業務経験が全く生かせないので、授業への貢献度が低いどころかついていくのもやっとという感じ。

まず担当は辻山 栄子教授。業界では有名な教授で、各省庁の委員を歴任されたり、現在も企業会計基準委員会、アメリカ会計学会など、多数歴任されている方である。

何が言いたいかというと、私のようなシロウトには贅沢、勿体ない、というかオーバースペックということ(苦笑)

また、受講メンバーに企業価値の評価と経営モジュールのツワモノ(金融業界勤務や事業会社の財務担当など)が多く、受講者間のレベルに差がありすぎて先生もどのように進めるべきか困惑気味・・・・

実際サブプライム問題等の議論を上記メンバーと先生でされていたが、よくわかんないですハイ。


04.16 (Wed) 00:52 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
共通科目の「マーケティング」を受講。担当は守口 剛教授。

受講者は24名で、われらが市場競争戦略モジュールから8名、マーケティング・マネジメントモジュールから9名、グローバル・サービスビジネスモジュールから2名、ダイレクト・マーケティング戦略モジュールから2名、企業企業価値の評価と経営モジュールから3名、という内訳だ。

初回ということで、受講者が1人ずつビジネススクールで研究したいこと、そしてこの授業に期待することなどを自己紹介として発表。さすがにみなさん1人残らず強い目的意識を持たれて入学されているようで、今更ながらレベルが高いなあと感心しました。



04.15 (Tue) 00:55 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
土曜の授業について。

午前中はゼミの「市場競争戦略演習」、午後は2コマ続きの「マーケティングと競争戦略」に出席。

担当は両方とも内田教授で、期待通りのすばらしい授業。1週間で土曜が一番楽しみになりそう。

ゼミではセオドア・レビットの「マーケティング近視眼」というHarvard Business Reviewに掲載された有名な論文(初めて読みましたがw)を読んで要約と賛成・異論などをまとめてくるという課題が出されていて、その発表と意見を出し合うという形で進行。

論文の主旨である顧客志向の徹底とMarketingの重要性が、実際のビジネスではどうか、例えば他にも違った戦略が必要とか、様々な視点から意見を出し合った。

やはりゼミは少人数なので、全員で意見が出し合えて内容も深くなっていい。

次回は講義の内容を踏まえて自分の会社の事業or業界に当てはめたときに、起こりうるリスクと事業機会について発表し合います。楽しみ。


宿題の発表はジャンケンに1発で負けたのでできなかったけど、発言はたくさんできたし、内容もエキサイティングだったので、満足度は80%。

04.13 (Sun) 23:29 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
今日は午前中から授業が3コマ、夜はゼミで懇親会と盛りだくさんな一日だった。

寝不足で疲れ気味なこともあり、授業についてはまた明日書くとして、懇親会の御礼だけお伝えしておきます。 
内田先生及びゼミのみなさん、お疲れ様でした! そして幹事のYさん、ありがとうございました。


今日はゼミ生とほぼ一日中いっしょだったので、全員の顔と名前が完璧に一致したし、それぞれの目標やパーソナルな部分(趣味や家族)などもわかってきたので、かなりチームが一体化してきたと思う。

ほんといいメンバー達でよかった。
あと2年、この恵まれた時間を最大限楽しんで成長しましょう!


ではまた来週
04.13 (Sun) 00:04 [ MBA ] CM1. TB0. TOP▲
今日は仕事が長引いたので会社から早稲田までタクシーで向かう。ブッ飛ばしてもらったら20分で着いたので、ギリギリ間に合った。

さて、今日の講義は、「人事マネジメント」 (担当:藤田 誠 教授))である。

初回ということで、前半はイントロダクション、その後各自が日ごろの経験にもとづいて、人事に関する問題点、課題、改善策などについて自由討議を実施。

議論の中心は、受講者(30名強)の所属企業における目標管理や評価基準についての問題点や不満などで、結構赤裸々に発表し合う形に。 これが週間現代的視点では面白かった(^^)

内容に関しては絶対書けないけど、総論としては、コテコテの年功序列です!という企業はさすがになく、かといって完全な成果主義というところも少なく、一時期の成果主義偏重ブームを経て、その中庸というのがトレンドのようだ。

04.12 (Sat) 02:21 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
不謹慎な経済学 (講談社BIZ)不謹慎な経済学 (講談社BIZ)
(2008/02/21)
田中 秀臣

商品詳細を見る

★★★

記念すべきMBA最初の授業は「実践全社戦略」でした。

講師はBCG(Boston Consulting Group)のバイスプレジデントでもある菅野 寛さん。
奇しくも本ブログで紹介した「経営者になる、経営者を育てる」の著者でもあり、ちょっぴり感激(^^)

講師がバリバリの実務家だから、講義のコンセプトは、理論より実践、体系より切り口、レクチャー/一方通行より討議/双方向、フレームワーク/ツールの使い方より使う力、などに主眼をおくとのこと。かなり実践的でアカデミック色は薄い。

講義形態は、今日は講義と演習がメインだったが、来週はケーススタディをやり、以降も講義とケースを繰り返す形にするそうだ。



04.10 (Thu) 00:50 [ MBA ] CM3. TB0. TOP▲
本日2008年春学期の科目登録が完了。
悩んだ挙句、かなりアグレッシブな構成にした。

これは前向きなやる気のなせるワザか、あるいは高い学費を払うんだから授業は受けれるだけ受けてやれ、という貧乏根性のせいか?? (^^;)


2008年のコンセプトは、前半⇒基礎固め、後半⇒戦略系を中心に(論文を意識)

<2008年春学期 *週5>
月曜 7,8限:マーケティング1, マーケティング2
火曜 7,8限:財務会計1, 財務会計2
水曜 7,8限:実践全社戦略
金曜 7,8限:人事マネジメント1, 組織マネジメント2
土曜 2限:市場競争戦略演習
土曜 3,4限:マーケティングと競争戦略


<2008年秋学期(予定)*週4>
火曜 7限:企業価値評価
火曜 8限:競争戦略研究
水曜 7,8限:経営戦略1, 経営戦略2
金曜 7,8限:市場競争戦略
土曜 2限:市場競争戦略演習
土曜 3,4限:情報化経営のトップマネジメント


04.08 (Tue) 22:23 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
朝10時より(いきなり少し遅刻してしまった・・・)内田ゼミの方針説明、自己紹介、科目登録のガイダンス等、キックオフがあった。

今後長いお付き合いになる(なってほしい)仲間との初顔合わせということで、終始ドキドキしていた。
ある意味合コンなんかの100倍昂ぶってました(笑)

さて、その面子はというと、自動車メーカー、広告代理店、ITメーカー、通信、ハイテクメーカー、コンサル、銀行、航空、特殊法人(?)、アパレルなど、ほとんど業種が被ってないというdiversityぶり!

年齢も20代後半から40代半ばまでのシニアからマネジメント層が中心で、いい感じにバラけていた。


どのメンバーも凄いなと思う経験を持っていたり、得意技というかエッジもそれぞれ違うものを持っているように思えたので、私も私ならではのエッジを磨いてゼミに貢献したいと思う。


04.06 (Sun) 01:26 [ MBA ] CM0. TB0. TOP▲
今日は早稲田ビジネススクールの入学式とガイダンスに参加してきた。

入学式


ついに来たって感じだ。夜のガイダンスでは同級生たちとも初顔合わせ。みんなデキそうなビジネスマンという印象。そして年齢層はやはり高く、おそらく平均は35才くらいではないだろうか(?)。

楽しみだった履修について書かれた研究科要綱(分厚い!)と時間割も配布されたので、これからどんな授業を選ぶかジックリ読み込もうと思う。

といっても昼の授業を取れるわけではないので(仕事があるから)、そんなに選択肢はないんだが(^^)


04.02 (Wed) 23:39 [ MBA ] CM2. TB0. TOP▲
4月1日ということで、昨期(2008年1月~3月)の読書量などを振り返ってみた。

Amazonへの総オーダー数:39冊(読了28冊、未読11冊)
1ヶ月の読書量平均:9.33冊(1冊あたり3.22日)


感覚的には2日で1冊ペースくらいだったので、1ヶ月/10冊は超えてると思ったけど、週末はほとんど読まないことと、ファイナンス系など内容が重いものは1冊読むのに1週間以上かかったりしていたため、まあ9冊/月というのも妥当なとこかと納得。

「一言一句もらさず隅から隅まで読む」、というのが私の読書における基本スタイルなんだが、これ以上読もうと思うとやはり速読も必要なんだろうか。

でもこのペースで年初に立てた目標の100冊/年は一応クリアできそうな感じだから、とりあえずナチュラルに読むスピードを鍛えるか。
(年間300冊!とかアルファブロガーなみの読書量を目指す場合は、やっぱ速読術が必須・・・)

余談だが、“書評を”100冊/年だっけか! と一瞬焦って年初のエントリを見返したが、100冊“読む”ことが今年の目標で間違いなかった(^^;)
(今年の書評は計22冊(月平均7.33冊)だったので、このままのペースでは90冊弱で終わってしまう)


04.01 (Tue) 19:47 [ 雑記 ] CM0. TB0. TOP▲
  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。