ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は2007年6月3日の第5回には参加しました。その時はくしくも早稲田ビジネススクールが会場だったので、縁があったのかなあ、、とか思ったり。

そんなわけで、せっかくなので宣伝してみます。

第7回は立教大学での開催で、参加BSは立教、慶應、多摩大、日大、法政、早稲田の6校。
各校の紹介や先輩方によるパネルディスカッションなど、国内MBAってどんなものか少しはイメージ頂けると思います。

ポイントは後半の学校別ブースでのQ&A。ここで気になることは全部聞いておくことをおすすめします。入試について(倍率は?論文のテーマと傾向は?)、仕事との両立とか(留年している人がいるかどうか?)、修士論文について(卒業できないことがあるくらい大変?)など、案外ざっくばらんに答えて頂けたりします(たぶん)。

なにより参加すればモチベーションがあがるので、時間があればぜひ。

開催日時:2008年5月25日(日)12:30~17:00
開催場所:
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科、21世紀社会デザイン研究科
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
案内:URL

(内田先生のサイトからリンクを拝借w)

スポンサーサイト
今や国内MBAは大乱立時代。これは少子化の波をまとに受けてほとんどの大学が経営難に陥っている。その結果新たな経営の柱として社会人をターゲットにし始めたからと思われる。

志願者にとって選択肢が増えた国内ビジネススクール(BS)ではあるが、BSのレベル差はかなり大きく、それは教授だったり生徒だったり教育メソッドだったりファシリティだったりと、重要視する要素次第で評価は分かれると思うが、個人的にはこれだ!と思えるBSは驚くほど少なかった。

せっかく貴重なカネと時間を使うのであれば、ここで学びたい!と強く思えるようなBSに挑戦すべきだが、そういうBSはやはり他の人から見ても魅力的なため、やはりハードルが高くなっている。

よってある程度の努力は必要で、筆記試験、書類、面接、英語等、バランスよく高め、対策を練らなければならならず、そうするとやるべきことがたくさんできる。

早稲田MBA(商学)は書類審査、第一次選考(筆記試験)、第二次選考(口述試験)
という3つの関門があります。(第一次選考に関しては前項参照)

今回は書類審査にFocusしてみます。

社会人大学院で何を学ぶか (岩波アクティブ新書)社会人大学院で何を学ぶか (岩波アクティブ新書)
(2002/06)
山田 礼子

商品詳細を見る

★★★★

大学院・大学編入学社会人入試の小論文―思考のメソッドとまとめ方大学院・大学編入学社会人入試の小論文―思考のメソッドとまとめ方
(2002/08)
吉岡 友治

商品詳細を見る

★★★★

吉岡のなるほど小論文講義10―書き方の基本からビジュアル課題まで吉岡のなるほど小論文講義10―書き方の基本からビジュアル課題まで
(2002/12)
吉岡 友治

商品詳細を見る

★★★

ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略
(2005/06)
飯野 一

商品詳細を見る

★★★


国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集
(2003/07)
飯野 一佐々木 信吾

商品詳細を見る

★★★


国内MBAスクールガイド国内MBAスクールガイド
(2002/05)
ジャパンMBAネットワーク

商品詳細を見る



合格の興奮もそろそろ冷めてきたので、未来の後輩のために
私がやった受験対策やポイントを書いてみる。

といっても、そんなに書くことはないので<予備校編>と<読んだ本と研究計画>の
2回にまとめて書きます。


本日郵送にて合格通知が届きました!

お世話になった方々や、応援して頂いた方々に最大級の感謝申し上げます。

スクールの選定段階から徐々にもうここしかない、他のスクールは全く目に入らない、というくらい行きたくなったダントツの第一志望スクール&モジュールだったので、かなりうれしいです。

10月頃にはもうこの一校しか受験する気もなく、落ちたらもう今期は終わり!また来年!と腹をくくっていただけに、ほんと一安心しました。

フゥ~~~~~~短かったようで長かった受験でした。ありがとう。


受験対策やスクールの選考基準はなにか等、また後日ゆっくり書いていこうと思います。

ではまた
いよいよ明日、郵送で合否結果が届く予定です・・・

将来を左右する一大事とまではいかないかもしれないが、少なくとも向こう2年間の予定に大きく影響する決定が明日下ってしまう。

そりゃードキドキが時間と共にどんどん増してくるってもんだ!

第二次選考の口述試験がありました。

面接官は内田教授を含め3名で、時間はだいたい20分くらい。

特に激しく突っ込まれることもなく、いい雰囲気で終えることができました。


海外MBAか国内MBA、、本音を言えば行きたいのはやっぱり海外MBAです。
(単純に海外で生活してみたいし。永住は嫌だけど。)

だけど私は純国産、留学経験や海外赴任経験も全くないため、まず受験自体が大きなハードルであること、さらに受験はクリアできても授業に貢献しリードできるか? その前についていけるのか??というもっと大きな問題があります。

しかも英語だけではなく、それ以外にも大きな問題があるため、考えれば考えるほど現時点では国内MBAを選ばざるをえない状況でした。

では海外MBAをなぜ選択しなかったかについて以下に記してみる。


どうしてMBA?という問いをよく受けます。

Why MBA? 国内MBA?夜間?早稲田BS?

これらを一言で説明するのは難しいので、順番に説明していきます。


先週筆記試験を受けて、問題が鬼難しかったからもうダメだコリャとあきらめ気味だったけど、なんとなんと本日郵送にて合格通知が届きました。

もうかなりウレシイです。 久々に大声でガッツポーズを取っちゃいました(近所迷惑)。


とはいっても来週すぐに二次選考(口述試験)があります。面接系は結構自信あるけど、驕らず来週一週間キッチリ対策しようと思う。 ここまできて落ちたらかえってショックがデカイし。


なにわともあれ、ホッとした。。。おめでとう俺!


連休は試験で完全に潰れた。 平日より疲れた・・・

一昨日(金)は試験勉強漬け、昨日(土)は国内MBAの第一次選考を受けて、
今日(日)はTOEICを受講。

ちなみにMBAの受験校は、
早稲田大学ビジネススクール大学院商学研究課 専門職学位ビジネス専攻マネジメント専修 志望モジュールは、内田和成教授が率いる「市場競争戦略」です。

(どうでもいいことだけど、研究課名が長すぎないすか?・・・)

  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。