ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶應ビジネススクール(KBS)が創立150年記念に創刊した雑誌である。

内田先生がブログで取り上げられていたので(MBAの価値)、興味本位で手に取ってみた。

検証 ビジネススクール?日本でMBAを目指す全ての人に検証 ビジネススクール?日本でMBAを目指す全ての人に
(2009/04/10)
慶應義塾大学ビジネス・スクール責任編集

商品詳細を見る


個人的には、KBSのアピール色が強すぎると感じたが、これからMBAを目指す人には良い意味で考えさせられる内容になっていると思う。

現在の企業側のMBA取得者への期待、MBA取得者の期待、そしてそのギャップ、ビジネススクール側の考え方、等のアンケートや、慶應、早稲田、一橋、3校の代表による座談会や、三菱東京UFJ銀行やリコー、花王、ファイザーなどのHR担当者によるインタビュー、そして企業とKBS卒業生によるアンケート結果などは特に興味深かった。

MBAを取得したからといって、それだけで即キャリアップとか年収大幅アップなど今時誰も期待していないとは思うが、あらためてこういった客観情報から、MBAになにを求めるか、どのように長いビジネスキャリアの中で生かしていきたいか、などの明確な軸を作るための啓発としてはよい雑誌と感じた。

巻末に現在開講しているビジネススクールの紹介が掲載されているが、83コースもあってビックリ。
でも9割のBSが入試倍率が1.XX倍という状態。ちょっと乱立し過ぎな感を受けた・・・ 

そんな中、手前ミソですが我らが早稲田MBA夜間主は全国一番の競争率をキープ。この調子で激しい競争率をキープできれば、卒業後ビジネスで大きく成功して、WBSの価値を、さらには国内MBAの価値を上げるような優秀な卒業生が増えて来るに違いない。


あ、そういった意味では、内田先生も本書にコメントを寄せられていますが、その中で、『ビジネススクールの価値は三つの軸で評価されます。それは入り口と中身と卒業後(出口含む)です。』という部分の、“出口=転職などのサポート、卒業後=ネットワークキングの維持やビジネス上のサポートなど”という言わば学んだ後のケアをもっと充実させればBSの価値が手っ取り早く上がるのでは、と思った。

実際に、MBA課程を通じて自己の内省によるキャリア観の変化、スキルアップによる自信、異業種交流による自社外の世界を知ったことなど、私の周りにもすでに様々な理由から転職を検討している方が増えている。

夜間主なので、所属企業があるから転職サポートは全く必要ないと思っている、もしくは企業側に配慮しているからか分からないが、そういったサポートがあればぜひ使うという人がたくさんいると思うのだがいかがだろう。

まあもちろん卒業後にどう学んだことを生かすかは卒業生自身の努力と責任で、と思っていますが。


スポンサーサイト
スパークする思考  右脳発想の独創力スパークする思考 右脳発想の独創力
(2008/11/10)
内田 和成

商品詳細を見る

★★★★★

ついに発売です。師匠が『仮説思考』以来久々の発想法に関する新書を上梓されました!
草稿段階の本書を一足先に読ませて頂いたので、自信を持ってオススメします。

個人的にはここ数年はやり続けているロジカル・シンキングやクリティカル・シンキング系の、どちらかというと論理的、数学的な左脳メインの思考法には食傷気味だったので、本書の右脳の活用によるアイデア創出、ユニークな発想を生むための独創法はかなり斬新で、すぐに実践してみたくなりました。

師匠の毎回どんなテーマにでも即応できるあの柔軟性や発想には驚かされっぱなしですが、その脳味噌の使い方の一端がわかった気がしたので、ちょっとでも近づくために、自分に合った部分はマネさせて頂こうと思う。
*地頭のレベルに大きな開きがあるから、そのままマネせずに、自分流にアレンジして実践することが肝要とは思いますが(笑)


下記に師匠のブログからも本書の紹介文を転記しました。ぜひ参考にしてください。


==================================================

来週月曜日(11/10)に私の新しい本が角川書店から新書として発売されます。
タイトルは「スパークする思考」です。

中身は一言で言えば、内田流発想法です。人と違ったユニークな発想がしたい、新しい企画案を考えてみたい。人からアイデアが豊富ですねと言われたいと思っているような人がターゲットです。

出版社には内緒で「はじめに」から一部抜粋して紹介しましょう。

本書のテーマは、「日ごろの私生活で自然と行っているクリエイティブな発想や行動を、なぜ仕事では行わないのか?」というものだ。
そう言うと、「別にクリエイティブな発想や行動など、日常生活で行っていない」と答える人も少なくない。そんなことはない。日常生活は皆、十分にクリエイティブなはずだ。趣味の世界もそうであろうし、料理や食事もそうだろう。週末にはどこに遊びに行こうか、今度はどんな映画を見ようか。妻の誕生日のサプライズは何がいいか?
日常生活は実はとても創造的で、エキサイティングなはずだ。
本書では、だから何も奇想天外な、変わった方法論を説くつもりはない。誰もが慣れ親しんでいる、それでいて説明するのが難しい、そんな方法論について語りたいと思っている。
ここでいうクリエイティブな発想法とは、斬新なものの見方や新しい企画を生み出す思考方法を意味する。そうした発想力を、いかに誘発することができるかについて考えてみたのが本書のもくろみである。
多くのビジネスパーソンは、生活者としての自分を仕事の場には持ち込まないように努力している節がある。生活者であり、消費者である自分は脱ぎ棄て、全く別の個性を身にまとおうとする。本能的な感性や経験に裏打ちされた勘は封印して、正確な情報や分析やを頼りにする論理的思考方法を身につけようともがいている人が多い。
ロジカルシンキングやデータ分析力が重要だと思い込み、ビジネススクール卒業生(MBA)、あるいは経営コンサルタントの好む各種の分析手法を珍重する。必死にさまざまな情報をため込み、整理してデータベースを構築しようとする。それで、分析力は身につくかもしれないが、斬新な発想力を失ってしまう。
そんなことは辛いし、無駄だからやめようと私は言いたい。(以下略)


=========================================

9月にとある講演にアサインされているが、話慣れている内容だからか、いまいち資料の準備など気分が乗ってこない。

そんなわけで書店で平積みされていた本書をモチベーションアップにいいかも、という理由で買ってみた。

ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力
(2008/07/17)
ブライアン・トレーシー

商品詳細を見る

★★

Amazonの紹介には、
世界No.1モチベーショナル・スピーカーがついに、その秘密を明かした!

いまや全米トップ5に入る有能な講演家で(“National Speakers Association”殿堂入り)、世界的に著名なコンサルタント&スピーカーとなった著者が、「自分の価値を高める話し方」のノウハウの数々を伝授。



とあるけど、本気でパブリックスピーチをはじめ、プレゼンテーション、会議、交渉などのスペシャリストになりたい、という人向けの教本になるかいうと、それはキツイ。

Tipsや心の持ち様などはたくさんあるが、理論的体系的な分析や解説はほとんどなく、目からウロコも特になかった。専門的に勉強したい、という人には期待外れになると思う。

もっと深く学びたいという人には以前紹介した「パワープレゼンテーション」の方が断然オススメ。

だけどスピーチなどの直前にモチベーションを上げたい、緊張をほぐしたい、という方には精神論が中心(大事)で、ボリュームも200ページくらいと手軽に短時間で読める本書はニーズを満たしてくれる。

前に紹介した「私塾のすすめ」で梅田氏と対談されていた齋藤氏に興味を持ったので、著書を2冊読んでみた。

人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫 E 9-5)人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫 E 9-5)
(2008/04/10)
齋藤孝

商品詳細を見る

★★★★

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
(2007/02/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る

★★★

先週で課題提出の山を越えたので、久しぶりに書評です。

実践全社戦略の課題作成のため、GEを題材に研究してみようと思って読んだうちの1冊だ。
本書はウェルチのスピーチ・ライターを20年も務めたビル・レーンが、ウェルチ時代のGEを内側から「コミュニケーション」に焦点をあてて書いている。

ウェルチの「伝える技術」ウェルチの「伝える技術」
(2008/05/10)
ビル・レーン

商品詳細を見る

★★

これまでノンジャンルでいろんなものを読んできたが、対談形式の本はなんとなく内容が薄そうな気がして避けていた。ところが先日紹介した「私塾すすめ-ここから創造が生まれる」がなんとも読み心地のよい1冊だったので、またまた梅田氏の対談本を読んでみた。

ウェブ進化論の梅田氏とクオリアで有名な脳科学者の茂木氏が「細部を批判するのがバカバカしくなるような明るい本」(「おわりに」参照)にしたいと考えた本書だけあって、読後はみごとにポジティブな気分になっていた。

Amazon 出版社からのコメント
インターネットによってすべての人に学ぶ可能性がひらかれ、ブ ログが名刺になり、ネットでの評判がパワーとなる。過去に何を成したかではな く、いま何ができるかだけが勝負の「新しい世界」の到来。日本社会との齟齬は ないのか?談合型エスタブリッシュメント社会をぶち壊し、新世界の側・ネット の側に賭けよう。未来創造の意志をもって疾走しよう。フューチャリストの二人 が、ウェブのインパクトと無限の可能性を語り倒す。

フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
(2007/05/08)
梅田 望夫茂木 健一郎

商品詳細を見る

★★★★

小さな人生論 3―「致知」の言葉 (3)小さな人生論 3―「致知」の言葉 (3)
(2007/10)
藤尾 秀昭

商品詳細を見る

★★★★★

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
(2008/05/08)
齋藤孝 梅田望夫

商品詳細を見る

★★★★★

法人営業「力」を鍛える法人営業「力」を鍛える
(2005/04/15)
今村 英明

商品詳細を見る

★★★★★

営業はサイエンス 必ず成功するための72のセオリー営業はサイエンス 必ず成功するための72のセオリー
(2008/04/04)
前田 明

商品詳細を見る

★★★★

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
(2008/03)
城 繁幸

商品詳細を見る

★★

すごい「議論」力!すごい「議論」力!
(2008/02)
ロバート・マイヤー

商品詳細を見る

★★★★

世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書 18)世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書 18)
(2008/01/13)
マダム・ホー

商品詳細を見る

★★★

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
(2008/01/21)
成毛 眞

商品詳細を見る

★★

USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。
(2006/04/20)
和田 勉

商品詳細を見る

★★★★

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書 64)自分探しが止まらない (ソフトバンク新書 64)
(2008/02/16)
速水 健朗

商品詳細を見る

★★★

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る

★★★

渋谷ではたらく社長の告白渋谷ではたらく社長の告白
(2005/06)
藤田 晋

商品詳細を見る

★★★★

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る

★★★★★

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
(2007/04/05)
勝間 和代

商品詳細を見る

★★★★

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代

商品詳細を見る

★★★

パワー・プレゼンテーション (グロービス思考シリーズ)パワー・プレゼンテーション (グロービス思考シリーズ)
(2004/12/04)
ジェリー・ワイズマン

商品詳細を見る

★★★★★

不動心 (新潮新書)不動心 (新潮新書)
(2007/02/16)
松井 秀喜

商品詳細を見る

★★★★

「知」のスピードが壁を破る―進化しつづける組織の創造 (PHP文庫)「知」のスピードが壁を破る―進化しつづける組織の創造 (PHP文庫)
(2001/12)
平尾 誠二

商品詳細を見る

★★★★

プロフェッショナル進化論 「個人シンクタンク」の時代が始まる (PHPビジネス新書)プロフェッショナル進化論 「個人シンクタンク」の時代が始まる (PHPビジネス新書)
(2007/04/19)
田坂 広志

商品詳細を見る

★★★★★

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
(2005/07)
羽生 善治

商品詳細を見る

★★★★★

一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方
(2007/09/15)
佐々木 正悟

商品詳細を見る

★★★


レバレッジ勉強法レバレッジ勉強法
(2007/09/25)
本田直之

商品詳細を見る

★★


TIME HACKS!TIME HACKS!
(2006/12/01)
小山 龍介

商品詳細を見る

★★

英語リッチと英語プア―イングリッシュ格差社会 (光文社ペーパーバックス)英語リッチと英語プア―イングリッシュ格差社会 (光文社ペーパーバックス)
(2007/08)
ケビンクローン越智

商品詳細を見る



  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。