ブックマーク
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月度の研究会のお知らせに先立って、事務案内をさせて頂きます。

先月の研究会でもご案内させて頂きましたとおり、運営主体が早稲田大学 内田ゼミに変更となった経緯もあり、嶋口先生の強いご意向により、2009年4月から、本会の名称を「嶋口研究会」から 「嶋口・内田研究会」に変更させて頂きました。今後の各種ご案内は、新名称にて実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。


さて、4月度のご案内は以下の通りです。奮ってご参加をお願い申し上げます。


■ 開催日:4月27日(木)19時~ (18:45~受付開始)

■ 講師:小野 譲司(おの じょうじ)様 (明治学院大学 准教授)

<講師略歴>
明治学院大学経済学部准教授。専門は、マーケティング、サービス・マネジメント、顧客満足やeサービス・クオリティの理論と測定。1998年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得、早稲田大学アジア太平洋研究センターなどを経て、現在にいる。2000年、博士(経営学、慶應義塾大学)を取得。
今回の報告テーマは、(社)日本マーケティング協会の研究支援のもと、藤川佳則氏(一橋大学)と行っている共同研究でもある。製造企業のサービス化を中心として、先進的な取り組みをしている企業事例に対するフィールドリサーチを行っている。今回の報告にはその研究結果の一部も含まれる。
最近では、経済産業省・サービス産業生産性協議会が進める日本版CSI(顧客満足度指数)の開発主査として、日本のサービス産業のCSIの測定方法の開発とその活用に関する産学官共同研究を行っている。

<主要著書>
・ 『現代のマーケティング戦略 消費者・コミュニケーション戦略』共著(有斐閣、2006年)
・ 『バリュー・プロフィット・チェーン:顧客・従業員満足を「利益」と連鎖させる』共訳(日本経済新聞社、2004年)
・ 『仕組み革新の時代』共著(有斐閣、2004年)
・ 『顧客ロイヤルティの時代』共著(同文舘出版、2004年)
・ 『顧客資産のマネジメント:カスタマー・エクイティの構築』監訳(ダイヤモンド社、2002年)
・ 『マーケティング革新の時代①顧客創造』共著(有斐閣、1998年) 他
そのほか、「季刊マーケティング・ジャーナル」「一橋ビジネスレビュー」などに論文を掲載。

■ 演目:「サービス・ドミナント・ロジック:価値共創の革新」
<概要>
マーケティングの研究界で、サービス・ドミナント・ロジック(SDL)という考え方が台頭しています。ハード、ソフト、コンテンツ、そしてサービスに至るまでの、顧客に提供されるものすべてを「サービス」と捉える、というのが「ドミナント(=支配的)」な論理の出発点です。
今回の研究会では、マーケティング研究者以外の多くの方々にとっては初耳であろう、このSDLの考え方をベースにして、マーケティングの現代的な課題の一つである「企業と顧客の価値共創」(co-creating value)について、先端事例に対するフィールドリサーチの成果をふまえ、いくつかの論点整理を行いながら、みなさんと議論したいと思います。
キーワードは「サービス・マーケティング」「製造企業のサービス化」「価値共創」そして「マーケティング研究のフロンティア」です。ご参考までに、今回の研究会に関連する「マーケティング・ホライズン」紹介記事を添付します。

上記内容にて、ご講演を頂きます。

■場所:社団法人日本マーケティング協会
     東京都港区六本木 3-5-27 六本木山田ビル 9 F
     TEL (03) 5575-2101
     http://www.jma2-jp.org/guide/office.html

■会費:
     1) 5千円/年 今年度分を一括でお支払いいただく場合 (お支払い月から 2010 年 3月まで)
     2) 1千円/回 ご参加の都度お支払いいただく場合
     *1) 2) ともに、研究会当日受付にて徴収致します。
     *KBS、WBS、多摩、法政、青山、東大 MOT の各在校生は不要です

スポンサーサイト
木曜は嶋口研究会です。今週は雨続きらしいので、お天気が少し心配ですね。

以下はご案内の詳細です。奮ってご参加をお願い申し上げます。


■ご案内

開催日:平成21年2月26日(木)19時~ (18:45~受付開始)

演目:BMのこれからの戦略「A SMARTER PLANET」とご自身の日本でのキャリアについて」
※ 講演は英語と日本語の混成となります。

講師:日本アイ・ビー・エム(株) 専務執行役員 ピーター・カービー氏

場所:社団法人日本マーケティング協会
    (詳細は下記参照 ※1)

会費:一般1千円/1回、または年間5千円 (お申込みは不要)
   (詳細は下記参照 ※2))


■概要
A SMARTER PLANET 「スマート」になることで未来を拓く経済再生への道、「スマート」な未来についてIdeas from IBM: 今ある当たり前をスマートになどのIBMの新戦略やアピールをベースにしたお話を伺います。

ピーター・カービー氏は日本での14年を含め、20年近いコンサルタントとしての経験から、ビジネス戦略とIT戦略の連携、顧客管理および流通チャネル戦略、金融サービスの融合といった領域をコンサルティングの専門領域にし、また資産管理、アセットマネジメント、生命保険の販売・流通に関するリサーチ・プロジェクトをリードするなど、グローバルでの豊富なビジネスの実績から、お話が聞けると考えていますので、是非、ご期待ください。


■講師略歴
ピーター・カービー氏は、2007年1月、専務執行役員‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)事業担当に就任、GBS事業の業績とビジネス及びマーケティング戦略、オペレーション、リソースと投資に関する意思決定について責任を有しています。前職はIBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(IBCS)のゼネラル・マネージャーとして、コンサルティング・サービスとシステム・インテグレーション・ビジネスを担当、またIBCSアジア・パシフィックでは、ビジネス/マーケティング戦略、オペレーションをリードしていました。東京に着任する以前は、米国マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点に、ビジネス・イノベーション・サービスにおいて戦略コンサルティング及びフィナンシャル・マーケットのマネージング・プリンシパルを務めました。

メインスプリング社フィナンシャル・サービスのバイス・プレジデントであった2001年にIBMのメインスプリング社買収によりIBMに入社。メインスプリング入社以前は、ジェミニ・コンサルティングにて戦略コンサルティングのプリンシパルとしてロンドン、東京、ケンブリッジで活動をしていました。

ハーバード大学にて、経済学学士を取得。またバージニア大学ダーデン校にて経営学修士(MBA)を取得しています。過去20年のうち14年以上を日本で過ごし、日本語に堪能です。

※1) 場所:
東京都港区六本木 3-5-27 六本木山田ビル 9 F
TEL (03) 5575-2101
http://www.jma2-jp.org/guide/office.html

交通アクセス:
日比谷線・大江戸線「六本木駅」下車5番出口
徒歩5分程度
南北線「六本木一丁目駅」下車1番出口 
徒歩5分程度
※ 1 階に HMV 本社が入居する山田ビルの 9 階です。

※2) 会費:
1) 今年度分を一括でお支払いいただく場合 (お支払い月から 2009 年 3月まで)
5 千円/年
2) ご参加の都度お支払いいただく場合
1 千円/1 回
1) 2) ともに、研究会当日受付にて徴収致します。
(KBS、WBS、多摩、法政、青山、東大 MOT の各在校生は不要です)
2009年第一回目の嶋口研究会は、代表幹事の内田先生にご講演頂きました。

さすが内田先生、我々が内田ゼミ生M1生が事務局を担当してから1年近く経ったけど、これまでで最高の来場者数を記録しました。いつもは大体60人~80人くらい(?)に収まる感じだけど、今日は150人くらい集まり、他の部屋からもイスを全部集めても危うく足りないところでした。

お話頂いた内容は、昨年先生が上梓された「スパークする思考 右脳発想の独創力」について、本にかかれていない具体例や詳しい解説などです。

パワーポイントによるスライドを使わず、お話だけで1時間15分、全く飽きずに聞かせて頂いた。

これはお話される全てのコンセプトやロジックが、わかりやすくユーモアのあるアナロジーを使って説明されているからで、しかもメイントピックの1つである情報の引き出しを上手く使う、ということの実践そのものでもある。 よく切れる包丁とかの実演販売なみの説得力です(笑)


あと、本を読んだ際にも思ったのが、たしかにこの右脳の使い方は重要で身につければ1つの強力なコア・コンピタンスになるなと思うが、これはあくまで左脳系を完璧に鍛えた内田先生だからできる発想法で、BSに通っている私レベルにはまだ不可能では?この思考法を実践できる人って実は少ないのでは??ということだ。(ちなみに先生は東京大学工学部卒、コンサル歴も20年以上。つまり左脳もスゴイことになっていると思われます)

つまり、左脳的なロジカルシンキングや定量的分析手法、数々のフレームワーク等を高次元で一通り自分のものにした人が、更に斬新でユニークなアイデアを生み出す際の思考法なのでは、という風に感じてしまった。

そのことを打ち上げのお店に向かう道中で、内田先生に率直にぶつけてみたら、ある部分ではその通りということで、やはり左脳系のスキルも当然ながら必要。だが、左脳系の能力を高めるのを待ってから右脳を鍛えるのでは時間がかかりすぎるから、若い人は常に両方鍛える意識を持つといいよとのこと。

言われてみれば、まあそりゃそうかと納得。。。

あとおっしゃっておられたのが、右脳で斬新なアイデアを出せるようになったとしても、その証明は左脳系スキルでやらなければ相手を納得させたり議論で勝つことはできない。だから結局どっちから先に鍛えるとしても、いずれ片方が足りないということに気づく。

鶏が先が玉子が先かというような話になってきたが、右脳的な思考力を鍛えるといった類のビジネス書が巷にあまりないので、このようなコンセプトを強調されたようだ。

まだまだ鍛えなきゃいけないことが山積みだなあと、あらためて痛感しました。。。


本日は久々の司会を勤めさせて頂きました。師匠である内田先生が講演者ということで、気合を入れてプロフィールや演目の紹介を覚えて望んだけど、先生より「紹介はいいから」、というご指示が本番で出されたので、司会の仕事は大幅に省略。残念な気がしなくもないですが、大過なく終えることができて個人的にはホッとしました^^

事務局のみなさま、お疲れ様でした!


* 次回2月度の嶋口研究会は、日本IBM株式会社 専務執行役員 ピーター・カービー様より、IBMのこれからの戦略コンセプト「Smarter Planet」についてご講演頂きます。

日程は2月26日(木)19時より、場所は同じく日本マーケティング協会です。
奮ってご参加ください!

* データ分析の最終課題の合間の息抜きに、と思ったらこのエントリを書くのに30分以上かかってしまった・・・さっさと課題仕上げて今日は久しぶりにベッドで寝たい(涙)

年初一発目の嶋口研究会は、私の師匠、内田先生よりご講演頂きます。

詳細は以下の通りです。ぜひご参加ください!


■日時 平成20年1月29日(木) 19時~ (18:45~受付開始)
■講師 早稲田大学商学学術院教授・BCGシニア・アドバイザー
         内田 和成(うちだ かずなり)先生
■場所 社団法人日本マーケティング協会
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F
http://www.jma2-jp.org/guide/office.html

■演目 「スパークする思考  ~右脳発想の独創力~」

■概要
「情報は、検索するな、覚えるな、整理しすぎるな」
様々な業種・企業を対象に、戦略の策定・実行・支援を数多く提供してきた世界のトップコンサルタントの思考法・発想術とは、どのようなものなのか。
感性や勘を大事にした大胆な仮説思考を提唱される内田先生に、斬新なアイデアを生み出すために必要な情報収集術と、情報を熟成させ、アイデアをスパークさせる独自の方法論についてご講演を頂きます。

■講師略歴
早稲田大学ビジネススクール教授。
ボストン コンサルティング グループ(BCG)シニア・アドバイザー
(嶋口研究会、代表幹事)。
東京大学工学部卒、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経てBCGに入社。2000年6月から04年12月までBCG日本代表を務める。
2006年、米誌にて、「世界の有力コンサルタント25人」に選ばれる。
2006年4月より早稲田大学商学学術院教授、早稲田大学ビジネススクール教授。
専門は競争戦略、リーダーシップ論。サントリー株式会社社外監査役。

著書に「デコンストラクション経営革命」(日本能率協会マネジメントセンター)、「顧客ロイヤルティの時代」(共編著、同文舘出版)、「コンサルティング入門」(ゴマブックス)、「仮説思考」(東洋経済新報社)などがある。
嶋口研究会 10月度開催案内です。


■日時 平成20年10月31日(金) 19時~ (18:40~受付開始)
■講師 コーン・フェリー・インターナショナル株式会社 
日本担当代表取締役社長 橘・フクシマ・咲江 氏

■場所 社団法人日本マーケティング協会
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F
http://www.jma-jp.org/JMAhome/AboutUS/iten.htm


■演目 「”グローバルな人財市場の動向” -グローバルなキャリア形成とは?-」

■概要
2008年1月ビジネスウィーク誌「世界で最も影響力のあるヘッドハンター・トップ50人」に唯一の日本人として選ばれるなど、人材・キャリア開発の分野においてご活躍のコーン・フェリー・インターナショナル株式会社 代表取締役社長の橘・フクシマ・咲江様に、今後のキャリア形成への目標や気づきに役立ち、今、人材市場で求められているグローバルな人財、キャリア形成について、フクシマ様の現在までのご経験より、お話を頂きます。


事前お申し込み不要ですので、ぜひ奮ってご参加ください!

9月度の嶋口研究会、事務局の皆様お疲れ様でした。

さて、私はというと、仕事で20分ほど遅れて参加。
すでに席はほとんど満席で、事務局用の部屋から除き見る感じで株式会社オプト 海老根代表の
お話を聞きました。

実は今日参加したグローバル・ブレイン アライアンスフォーラムという東京ミッドタウンで開催された
イベントでも海老根さんの講演を聞きました。もうさすがに2日連続でお話を聞いたので(内容はある程度カブってました)、オプト社の経営方針というか、海老根さんの考え方をかなり深く理解できた。

以下備忘録として。

経営上のコツ

・情熱オーナー
新規事業やプロジェクトを始める際は、優秀なヤツ、ではなく、「情熱オーナー」を必ず投入するようにしている。周りをモチベートしながら熱く事業に取り組む、「情熱オーナー」がいないと絶対上手くいかないからだ。
情熱オーナーに課す約束事は2つで、1.持続し続ける(しつこくがんばる)、2.プロジェクトから降りる際には、必ず代わりにの情熱オーナーを見つけてから。これだけである。

・全員営業
社員全員が顧客を向いていること。部署やレベルに関わらず雰囲気や目標設定、様々なことに顧客視点を盛り込む。そうすれば技術部と営業部、バックオフィスなど、立ち居地の違いによる主張の食い違いがあっても、顧客から見た最適解で調整できるようになる。

「チーム経営のOPT」の中でも共通するお話があった。例えば役員全員の目標設定の中にも営業利益を入れていること。
売上が下がると全員に責任が発生する。そうすると売上を上げるには=誰からお金をもらっているか(もちろん顧客)、という意識が明確になり、役員全員が同じモチベーション、方向性でチームビルディングもできる。


その他にも、会議の運営方法や仕事上の約束の仕方など、細かいけど徹底すれば効果が覿面に現れそうな改善ノウハウをたくさんお話頂いたので、私も自社でマネさせて頂くつもりだ。


海老根さん個人の仕事術

・「鬼のように」徹底したスケジュール管理 
細切れ時間の活用を徹底されていて、24時間を全て30分単位で分解し、仕事中の時間はもちろん、リフレッシュの時間や睡眠、読書の時間、思考に費やす時間も全て予定化し、思考の時間といっても漫然といろいろ考えるのではなく、トピックまで予定の中で決めておられ、考えた後はかならずA4一枚にアウトプットを残すという徹底ぶり。
ちなみに読書も読後1枚のA4に感想や自分で考えた応用などを記すそうだ。

そして凄いのは、そのスケジュール表を監査する人もいて、徹底しきれているか客観的にも確認されているとのこと。もう脱帽である。

・発想法「突拍子も無いことを考える」
不可能そうなことやありえなさそうな仮定をベースに、真剣に対策などを考えてみる。
「来年の売上を10倍にする!」、「大資本が同じ商品を開発してきたら?」など、日常業務の流れの中では考えなさそうなことを考える、そうすると思考の過程でユニークなアイデアなどが生まれやすいとのこと。なるほどそうかも。
特にMBAホルダーなど、理論先行型で常識に囚われやすい人にはオススメだそうな。
(ちなみにこの「突拍子も無いことを考える」時間は、30分2コマを月に2回、計2時間はスケジュール化されているそうだ)


最後に、

顧客重視の経営、これは当たり前のことであり簡単なことだと思われがちだが、自分や所属部門の利益ばかり気にして、顧客からすると全く意味が無かったり逆に不利益だったりすることは結構多いと思う。(特に組織が大きく複雑になると)
そんなわけで、顧客重視を実現するチーム作りを言葉だけでなくシステムに落とし込んでいるという、具体的な経営ノウハウを聴けてよかった。



最後に“その2”、

プレゼン後時間が少し余っていたため、海老根さん独自のキャリアデザイン方法というか、成長ノウハウをお話頂いた。

自分経営について、具体的には「自分の損益計算書」を分析し、いかに自分をバリューアップさせるか、というもので、これはいずれ本に書きたいとおっしゃっておられたので詳しく書くわけにはいかないが、かなり興味深い考え方だった。

聞き逃された方は残念! 上梓されることを祈りましょう(笑)
9月度 嶋口研究会
緊急告知になってしまいましたが、明日18日(木)は嶋口研究会が開催されます。
ふるってご参加下さい!

■日時 平成 20 年 9 月 18 日(木)19時~(18:40 受付開始)
■講師 株式会社オプト 代表取締役社長 海老根 智仁 氏

■場所 社団法人日本マーケティング協会
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F
http://www.jma-jp.org/JMAhome/AboutUS/iten.htm

■演目 「会社を 100倍成長させた理由 ~取扱高 NO.1 のインターネット広告代理店-オプト成長の秘密~」

■概要
1997年にe-マーケティング事業に進出、その後インターネット広告代理事業に本格進出し、2004年にジャスダックへ上場したオプト。2006年には広告代理事業の売上230億円を突破、インターネット広告取扱高No.1となり、現在も順調にシェアを拡大し続けています。「売上に直結するe-マーケティング」を事業コンセプトとし、お客様のインターネット上のマーケティング活動を支援する事業を行っています。今回は、オプトの急成長を牽引してきた代表取締役CEOである海老根智仁さんに、オプトが成長できた秘密や今後のオプトの展望、最新インターネットマーケティングの動向まで幅広く語っていただきます。



早稲田大学ビジネススクール夜間MBAコースの第2回入試説明会

10月4日(土)の午後13:00~17:00に早稲田キャンパス9号館で開催されます。
今回のモジュール説明会では、我らが競争戦略モジュールの内田先生も参加される(前回は海外出張と重なり、ゼミ生が代わりに説明した)ので、直接先生からお話を聞きたい方はぜひ参加下さい。
まだ誰が当日アテンドするか決まっていませんが、ゼミ生も2名参加する予定です。


MBAネットワークフェア
この説明会は早稲田MBAだけではなく、国内ビジネススクール6校が合同で紹介を行うイベントです。11月3日(祝日)に開かれます。リンクから申し込んで下さいね。
どこのビジネススクールを受験しようか検討中の方ににはかなりオススメです。

7月分の案内です。奮ってご参加ください!


■日時 平成20年7月16日(水) 19時~ (18:40~受付開始)
■講師 フロンティア・マネジメント㈱ 代表取締役 松岡真宏(まつおかまさひろ)氏
■場所 社団法人日本マーケティング協会
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F
http://www.jma-jp.org/JMAhome/AboutUS/iten.htm

■演目 「小売・流通業の現状と今後の活路~事業再生の現場から~」
■概要
小売・流通業界のトップアナリストから企業再生の現場である産業再生機構へと転身し、
カネボウやダイエーなど数々の企業の事業再構築に取り組んでこられ、現在は独立してターン
アラウンドなど事業再生の分野で幅広く活躍されているフロンティア・マネジメント株式会社
代表取締役  松岡真宏さんに、日本の小売・流通業界の抱える課題や将来に向けて進むべき
方向性など、長年業界のインサイダーとして変化を捉えてきた経験に基づいてお話いただきます。


嶋口研究会についてはこちらを参照願います。
嶋口研究会に事務局員として初参加してきました。

今回は先輩よりバトンタッチを行って、我々内田ゼミM1が初めて運営を行いました。
全体を切り盛りして頂いた事務局長、受付業務やその他お手伝いを頂いた事務局のみなさま、お疲れ様でした!

私はというと、今日は司会という大役をやらせて頂きました。

初参加で雰囲気もわからない状態だったので、最初は緊張してグダグダになってしまいましたが、講演を行って頂いたスター・マイカ株式会社 代表取締役社長の水永様のスピーチの内容がとてもすばらしく、面白くてインパクト抜群だったので、結果的にはなんとかうまくいってよかったと思います。


ちなみに嶋口研究会とは、法政大学ビジネスクール教授の嶋口充輝教授(元慶應ビジネススクール教授、現慶應義塾大学名誉教授)と早稲田ビジネスクールの内田教授を中心にした勉強会で、1984年以来24年間続いている伝統ある勉強会です。8月と12月を除いて毎月欠かさず開かれてきており、これまでに200数十回開かれており、毎回多様なゲストスピーカー(経営者やマーケティング関係の方など)に講演を頂いています。

*参加申し込み方法やメーリングリストへの登録は下記URLを参照願います。
http://www.waseda.jp/sem-uchida/shimaguchi.html

次回は6月24日(火)、講演者は株式会社良品計画 代表取締役社長の金井 政明様です。
テーマは「ミクロの叙述という豊かさ、基本と普遍を追求するMUJI」の予定です。
ぜひ参加ください!


  
にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。